2019年12月31日

当ブログについて

当ブログが相性・ジンクスなどの検証に用いているデータ(得点記録など)は
特に断りのない限りは過去5年間(2013年〜2017年)のものになります。

対象としている試合は「リーグ戦(昨年まで行われたチャンピオンシップも含む)」
「Jリーグ杯(ルヴァンカップ)」「天皇杯」です。

リーグ戦は原則としてJ1での記録のみを対象としますが、該当節の対戦相手と
J2で対戦歴があり、そこで注目すべき記録等があればそれを考慮して選手を
起用する事があり得ます。

2015年と2016年のリーグ戦は2シーズン制で行われましたが、「第○節」の表現に
ついては年間ベースに変換します
。例えば「2015年・2nd・第13節」の試合は
「2015年・第30節」として扱います。

選手名などのパーソナルデータは日本スポーツ企画社(サッカーダイジェスト)
により編集された「選手名鑑」を参考にしています。

ただし、ポジションについては登録ポジションではなく、該当試合のJリーグの
公式記録に記載されたポジションに準じます
。例えば仙台の奥埜博亮選手は
MFとして登録(Jリーグの公式ページ内の選手名鑑に記載)されていますが、
2017年・第2節・磐田戦ではFWとして出場し、得点を挙げています。
当ブログはこの得点を「FWの選手の得点」として扱います。
posted by sakasaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 未選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

2019年 ファンサカmini 第26節メンバー

代表戦があり、少し間隔が開いたが、まずは前節の振り返りから。


キャプとした大森晃太郎が前半だけで交代したのは残念だったが、「左利きのFW」の狙い
から起用した札幌のジェイが得点。仙台の道渕諒平「近年の鳥栖は明治大学出身の選手
に失点が多い」
(※第3節で取り上げ済)の狙いから起用した選手だった。

さて、今節は当ブログの得意ネタの1つである「名前ネタ」からの起用となる。まずは
「名前に『色を表現する漢字』が入っている選手」から入ってみたい。2018年は白崎凌兵
2015年には赤崎秀平、さらに過去5年の範囲から外れるが2013年の第26節には青山直晃
得点を挙げている。

3人程度なら他の節にも該当があると思うが、当ブログは過去の第26節に注目すべき
得点者が2人いる事に注目した。1人目はファン・ソッコ。一見、色を表現する漢字とは関係
ないように思えるが、名前を漢字で表現すると黄錫鎬で、「黄」という文字が入っている。
日本でのプレーは7年目となるファン・ソッコだが、リーグ戦の通算得点はわずか4得点。
ただ、このうちの1得点が2013年の第26節に記録されている。

もう1人が川崎の田中碧(たなか・あお)。名前の「碧」は「あお」とも「みどり」とも読め、
一般的には深みのある強い青緑色を指す、色に関係が深い文字となっている。ちなみに田中の
リーグ戦での得点は現時点では昨年の第26節に挙げた1得点のみとなっている。

ファン・ソッコと田中の存在により、今節は「名前に『色を表現する漢字』が入っている選手」
を狙う事にした訳だが、留意したいのは対象者の範囲。「色」には多くの表現があり、日本には
古くから伝わる「和色」と呼ばれるものがある、主に染織物や陶芸の分野で用いられる表現で、
例として鮮やかで濃い橙色を指す「柿色(かきいろ)」と呼ばれる色がある。

仮にこの「柿色」を今回の対象に含めればC大阪の柿谷曜一朗が候補となるが、「柿」と
いう文字を見て「色」を連想する方は皆無で、多くの方は「食べる柿」をイメージするはず。
よって、こうした色以外の意味合いが強いと思われる文字は対象から排除している。
(※ 他の排除例としては「藤色」や「萩色」など)

説明が長くなったが、「名前に『色を表現する漢字』が入っている選手」から狙う選手は
札幌の白井康介。「白」を含む白井が今回の対象者である事に異を唱える方はいないだろう。

さらに白井を狙ってみたい理由がもう1つあるが、これも名前が根拠。白井の名前は
「こうすけ」で、現在のJ1で「こうすけ」という名の選手は白井は含めて5人いるが、
過去の第26節では白井を除く4人のうち3人の「こうすけ」が得点を挙げているのだ。

3人のうちの1人が武富孝介。2013年ではあるが、第26節に2得点を記録。残る2人は
山本康裕太田宏介になるが、面白い事に揃って2015年の第26節に得点を挙げている。
と、なれば次は残る2人の「こうすけ」が得点を挙げる番だろう。

ちなみにもう1人の「得点を挙げていない『こうすけ』」はG大阪の小野瀬康介。色の
ジンクスに該当する白井の方が期待度は高いが、小野瀬も抑えとしてメンバーに
加えておきたい。

以下からは別の狙いで、これも名前ネタ。第26節は「以前に得点をした外国籍選手と
名前に共通部分がある選手を狙え」
だ。

さっそくだが過去の例。2016年の第26節にレオ・シルバラファエル・シルバが得点を
挙げているが、翌2017年の第26節はフェリペ・シルバが得点。ご覧の通り、名前には
「シルバ」という共通部分がある。

さらに2015年には山形のディエゴが得点をしていたが、2016年には当時柏、現在は
FC東京のディエゴ・オリヴェイラが得点を挙げ、言うまでもなく「ディエゴ」が共通。
2015年には現在は清水に所属のドウグラスが得点をしているが、2017年には新潟の
ドウグラス・タンキがゴールを決めている。

また、神戸などで活躍し、現在は東京Vでプレーするレアンドロが2015年に2得点を
挙げているが、2017年には鹿島のレアンドロが2得点。もちろん2人は別人だが、
このケースは名前の全ての部分が共通と解釈すればいいだろう。このように過去の第26節は
「以前に得点をした外国籍選手と名前に共通部分がある選手」の得点が目白押しだ。

そして、このジンクスにピッタリの選手がいる。その選手は広島のドウグラス・ヴィエイラ
ドウグラスが得点を挙げているのは上記で触れているが、昨年の第26節には横浜で
プレーしていたウーゴ・ヴィエイラがゴールをしており、「ドウグラス」「ヴィエイラ」の
両方に該当選手が存在し、まさにこのジンクスにうってつけ。今節のキャプはこの選手で
決まりだ。

…と、いうのが当初の予定だったが、ドウグラス・ヴィエイラは先日、全治6週間の怪我を
負い、今節出場する可能性はゼロ。最有力だった選手が直近になって起用不可となったのは
嫌な流れだが、めげずに代役をピックアップしたい。

まず「レアンドロ」から川崎のレアンドロ・ダミアンを選出。広島のレアンドロ・ペレイラ
も該当者だが、この選手も負傷によりプレー不可能となっており、対象外。また、おそらく
出場はないと思うが、「シルバ」繋がりでFC東京のアルトゥール・シルバも該当者だ。

そして、該当者は何も外国籍選手とは限らない。気づきにくいが、G大阪の高江麗央
その1人。初見では何と読むかわかりづらい名前だが(たかえ・れお)なので、やはり
レオ・シルバと共通点がある選手となる。同様に神戸の大崎玲央(おおさき・れお)も該当者。
もう1人、川崎に旗手怜央(はたて・れお)という選手がいるが、リーグ戦ではベンチ入りも
ないので除外していいだろう。

面白いのが清水のファン・ソッコ。上記の『色を表現する漢字』に該当する事はもちろん、
昨年の第26節にG大阪のファン・ウイジョが得点を挙げており、「ファン」の部分が共通の
該当者でもある。つまり、今節は2つのジンクスの該当者であり、出場があれば大いに
期待できる。

また、2016年にペドロ・ジュニオールの得点があるため、清水にはジュニオール・ドゥトラ
という該当者もいる。以前は「ドゥトラ」という名で京都や鹿島でプレーをしていた選手だが、
今夏、久しぶりにJリーグに復帰。清水での登録名がこれまでの「ドゥトラ」ではなく、
「ジュニオール・ドゥトラ」であるため、今回のジンクスの該当者となった点が何かを予感
させる。今節の相手となる名古屋に対しては2012年の対戦で2得点を挙げた事もあり、
今回はこの選手をキャプとして勝負してみたい。


posted by sakasaka at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする