2016年07月08日

ファンサカ 2ndステージ・第2節 メンバー

今節もスタジアムジンクスを中心に高fpを狙っていく。対象は磐田−大宮のカードになる。
ここから「当たれば大きい」選手をピックアップしてみた。

磐田のスタジアムジンクスに関しては既に1stステージ第15節・対FC東京戦 で「変わり種の背番号の
選手に要注意」
といった内容を取り上げた。過去の試合で50番を付けていた清水の大前に得点を
許した例などを紹介し、FC東京で48番を付けているMFの水沼などを狙いの選手としたが、残念ながら
第15節では発動しなかった。ただ、それもそのはず、第15節はエコパスタジアムで行われた試合だが、
紹介した上記のジンクスはヤマハスタジアムでのものだったのだ。

今節はヤマハスタジアムで行われる試合なので上記のジンクスが使える事になる。ここからの狙いは
41番というあまり見ない背番号を背負う家長になるが、5日に「左ハムストリング肉離れで全治約3週間」
との報道があり、今節の出場はあり得ない。その他、今節、出場の可能性がありそうな選手の中で特に
目を引くような背番号の選手はおらず残念ながらこのジンクスからの該当は「なし」という事になる。

そこで今節は別のジンクスからの狙いという事になる。実は広島が「横浜に在籍歴がある選手に弱い
(多く得点を許している)」
ように、磐田も直近の2年間はホームで同じような傾向がある
該当するチームは2つで、そのうちの1つが横浜FC。下表のように横浜FCに在籍歴がある選手達に
多く得点を許している。


もう1チームはC大阪。家長以外に大宮にはC大阪に所属歴がある選手が2人いる。そのうちの1人が
横山(2012〜2013在籍)。人気281位と現時点で起用しているのは当ブログだけのようで、
「当たれば大きい」には違いないが、あまり得点に絡む選手ではなく、「当たればラッキー」程度の感覚。
期待はもう1人の方で、それがFWの播戸(2010〜2013在籍)になる。


勝負強さを活かした途中出場からの大仕事が播戸の真骨頂だが、それが今節になると当ブログは
睨んでいる。最近は出番が少なくなっており、直近のアウエー・磐田戦への出場はC大阪時代の
2011年10月23日まで遡るが、この試合は82分から出場し、後半ロスタイムに得点。さらに2010年には
ホームゲームだが、12月4日の試合で86分から出場し、やはり後半ロスタイムに得点を挙げており、
磐田戦は出場さえすれば何かやってくれそうな雰囲気が感じられる

ただ、播戸についてはその「出場するのか?」という大きな問題がある。前節は開幕節以来の久しぶりの
ベンチ入りを果たし、今節も家長が欠場するため引き続きベンチ入りは充分に考えられる状況にあるが、
気になるのは戦線を離脱していたドラガン・ムルジャ(以下:ムルジャ)が復帰するというニュース。
前節のメンバーから考えると清水か播戸のどちらかがベンチ外となる可能性が高そうだ。

が、実はこのムルジャこそが真の狙いで、今節のキャプとした選手。対磐田は3試合連続で得点と
相性は抜群
。今年の第5節でも得点を挙げている。

昨年はJ2で19得点を挙げ、得点ランク2位。J1でプレーした2014年も18試合で9得点と高い能力を誇る
選手だ。今節は上記のように故障明けという事情に加え、予想スタメンのFWが江坂とペチュニクに
なっている事から当ブログの起用時点では209位という実力からかけ離れた順位に放置されており、
絶好の狙い目。間違いなく今節のお買い得選手だ。

サッカーダイジェストの表現では「今節のベンチ入りも視野に」とあり、ムルジャもベンチ外かもしれないが、
その場合は播戸が出場する可能性が上がる事になり、それはそれで悪くない。また、最近は安定して
起用されるようになってきた当ブログ推しメンのマテウスもおり、今節の大宮からは楽しみな選手が
起用できたと自負している。

posted by sakasaka at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 未選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック