2016年08月05日

ファンサカ 2ndステージ・第7節 メンバー

今節もさっそくだがメンバー考察に入りたい。

狙いのカードは川崎−甲府。人気はもちろん川崎だろう。年間順位で首位をキープし、驚く事に
リーグ戦ではまだ1敗しか喫していない。対する甲府は年間順位は15位。1stステージの対戦でも
川崎が4−0と圧倒しており、穴党の当ブログから見ても甲府の勝利は非常に難しいと思う。

が、こういう状況の時こそ高fpのチャンス。試合の勝敗は別にして甲府の選手で15fp超えを狙って
いきたい。起用の根拠は等々力スタジアムのスタジアムジンクス。例によって対象者は以下だ。


内容はお分かりだろう。「名前に松や梅などの植物の種類が含まれている選手(の得点が目立つ)」
いうのが答えになる。

2013年〜2016年で計8名と少ない印象もあるが、さらに対象を植物や草木を連想させる言葉まで広げれば
今年の1st・第8節の武藤雄樹(浦和:「樹」は樹木の樹)や2014年・第13節に得点した柴崎岳(鹿島:「柴」は
山野に生えている小さい雑木を指す言葉)、2013年・第11節に得点をした枝村(当時C大阪)なども対象に
入ってくる。ちなみに前節は相手のホームゲームだったが、やはり名前に植物の種類が含まれている
大竹(湘南)に1得点1アシストの活躍を許している。

甲府から4選手を起用したが、最も期待できそうなのが稲垣。ここまで柏に移籍したクリスティアーノに次ぐ
5得点を記録している。5得点は一見大した事がない数字に思えるが、現在の得点ランク18位タイで
MF登録の選手に限れば金崎(鹿島)・土居(鹿島)・柴崎(広島)に次ぐ4位タイ。家長(大宮)や斎藤(横浜)ら
と並ぶ数字で、稲垣が侮れない得点力を持つ選手である事がわかるだろう。

また、23.81%というシュート決定率は興梠と全く一緒で、今節の相手となる小林悠の23.53%をわずかだが
上回る立派な数字。少ない決定機を決める事の出来る選手でもあるようだ。前節こそ得点がなかったが、
2ndステージでもすでに2得点を挙げており最近も好調のようだ。今節もボール支配は圧倒的に川崎だろうが、
カウンターからの稲垣の得点というシーンはデータ上からも十分に期待できそうだ。

さて、今節はもう1試合。G大阪−鳥栖に注目してみたい。

ご存知のとおりG大阪は今年から市立吹田サッカースタジアムを本拠地として使用している。このため
過去5年の記録をベースとするスタジアムジンクスが存在しなかった訳だが、モノは試しと今年のこれまでの
得点者を調べてみた。

すると驚くことに既に1つのジンクスが出来上がっている事に気がついた。得点者は以下だが、さて、ここから
導き出されるジンクスは何だろうか? (※ 下田と川又は2得点)


正解は利き足が左の選手であるという事。改めて左利きである選手を色付けした表を下に掲載したが、
何と12人中の8人が利き足が左。、一般的に右利きと左利きの割合は概ね9:1のようで、これがサッカー選手
の利き足に当てはまるかは不明だが、この利き足が左である選手の得点の多さは明らかに特異。
吹田スタジアムの立派なスタジアムジンクスと言っていいだろう



ここで今節の相手となる鳥栖の選手を確認してみると金民友がぴったりの選手になる。2014年には得点。
2012年と2015年にはアシストと毎年のG大阪戦で結果を残して(2013年はG大阪がJ2のため対戦なし)おり、
相性は良いようだ。チームも2ndステージ無敗と好調でもあり、今節はこの金民友をキャプとして勝負したい


posted by sakasaka at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 未選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック