2021年04月22日

2021年 ファンサカmini 第11節メンバー

まずは前節の振り返り。


プレー時間がやや短かった事などもあり、思ったほどのfpではなかったが、全くの人気薄だった
横浜FCの齋藤功佑の起用に成功。さすがに前年の松尾佑介の2得点とはいかなかったが、
今年、初となるゴールで期待には十分応えてくれた。

キャプの横浜Mの水沼宏太も途中出場から前田大然の勝ち越し点をアシスト。似たような形が
第3節の福岡戦でもあり、自身としても狙っているプレーなのだろう。得点ではなかったのは
残念だが、持ち味は発揮してくれたと言えるだろう。

さて、以下からが今節の考察。まずは、起用の基本である「対戦相手に相性が良い選手」
挙げていきたい。

トップバッターは清水の西澤健太。西澤は得点が横浜M・湘南・名古屋の3チームに集中しており、
今節はこのうちの1つである湘南との対戦になる。今年はここまで得点はないが、上記3チーム
以外との対戦だったので、ジンクスから考えれば妥当な結果ではある。通算270分で3得点は
ちょうど1試合で1得点の計算。今節もジンクス通りの結果を出してくれるはずだ。

この西澤以上に今節の相手に相性が良いのが神戸の藤本憲明。今節は鹿島と対戦するが、
通算332分で5得点を記録しており、90分得点率は「1.355」という数字になる。藤本も今年は
ゴールという結果が出ていないが、この鹿島戦で上昇のきっかけを掴むことだろう。

上記の西澤と藤本の相性の良さについては比較的知られている事だが、やや意外な所では
浦和の阿部勇樹。今節は大分との対戦になるが、ここまで通算9得点を記録している。

プロ生活が20年を超える阿部は各チームから複数の得点を記録しているが、最も得点を奪って
いるのがこの大分になる。しかもこの9得点は札幌などでプレーしていたエメルソン氏の11得点
に次ぐ「大分からゴールを記録した選手ランキング」2位タイの記録。開幕節に得点を挙げ、
注目されたが、最近は人気が下がっており、高fpが期待できそうだ。

以下からは「ビックリ枠」の2選手を取り上げる。正直、出場の可能性は低いと思うが、
いずれもジンクス上からはかなり期待ができる選手だ。

1人目は徳島の吹ヶ徳喜(ふけ・のりき)になる。非常に珍しい苗字の選手だが、起用の理由
の1つは苗字ではなく背番号「27」を付けている吹ヶだが、2020年は郷家友太三原雅俊
2018年は大岩一貴、2017年には田邊草民という「27」の選手が過去の第11節で得点を挙げて
いる。

このうち郷家と田邊の得点が今節の吹ヶ同様、「対柏」であったのも起用の後押しとなった点。
もう1点が吹ヶが阪南大学出身である事。同大学出身である仙台の松下佳貴が2019年の
第11節に得点を挙げ、泉澤仁も2017年の第11節に得点。2015年には大ベテランの梁勇基
ゴールを記録している。

さらに川崎の脇坂泰斗は2019年、2020年と第11節は2年連続得点中。しかも2019年は
プロ入り初となるゴールであり、吹ヶも今節、ゴールを決めればプロ入り初ゴールとなる。

また、同大学出身で2年先輩になる山口一真も第11節ではないが、2018年にプロ初ゴール
を決めた相手が柏であったり、1年先輩の草野侑己もJ2ではあるが、2019年の柏戦で得点を
挙げるなど、吹ヶの先輩にあたる選手が近年の「第11節」「対柏」のいずれかでゴールを
決めている
。今節はこの2つの条件を同時に満たす試合であり、吹ヶのプロ初ゴールが
飛び出すならここだろう。

さらにもう1人、狙ってみたいのが大分の黒崎隼人(くろさき・はやと)になる。

黒崎も上記の吹ヶ同様、今節、ゴールを挙げればプロ初ゴールとなる選手だが、起用の理由
の1つが名前の読みが「はやと」である事。2020年は柏の仲間隼斗と広島の荒木隼人
第11節に得点を挙げている。

読みが「はやと」で、これまでにJ1で得点を挙げた事がある選手は4名のようだが、そのうち
2名が上記の仲間と荒木。残りは引退した橋本早十氏(大宮などでプレー)と佐々木勇人
(G大阪などでプレー)だが、このうち佐々木氏にも2009年の第11節に得点歴がある。
つまりJ1で得点をした事がある「はやと」の4名のうち、3名は第11節に得点をした事がある
いう事だ。

さらに名前に『隼』が使われている事も有力な材料。上記のように昨年は仲間隼人と荒木隼人
が揃って得点。他に『隼』が入っている選手として現松本の田中隼磨が思い浮かぶが、田中も
2002年と古い記録になるが、第11節に得点の記録がある。

また、引退した選手では福岡などでプレーした末吉隼也氏がいるが、末吉氏も2011年の第11節
にゴールを挙げている。そして、上記の田中と末吉氏のゴールは共にJ1初ゴールだったのだ。
(※ 田中はプロ入り初ゴールでもあった)

さらに今節、黒崎がプロ初ゴールを挙げると思える材料が他にもある。黒崎は今年、栃木SCから
大分に移籍した選手だが、同じく今年、栃木SCから鳥栖に移籍した田代雅也はルヴァン杯では
あるが、既にJ1の舞台で初ゴールを記録。また、浦和に加入した明本考浩も第7節でJ1初ゴール
を記録している。

引退を含め、今年、栃木SCから移籍したのは14選手だが、現在、J1チームに所属しているのは
田代・明本・黒崎の3名のみ。このうちの2名がJ1の試合で初ゴールを決めたというのなら、
次は黒崎の番
という事になる。黒崎は水曜に行われたルヴァン杯の試合でベンチ入りすらして
おらず、何らかの故障があるのかもしれないが、『はやと』『隼』『栃木SCから移籍』という
3つの材料を持つ選手であり、何とか出場の機会を掴んで欲しいと思っている。

また、今節は 横浜M−横浜FCの「横浜ダービー」が組まれており、これに注目した。

人気は言うまでもなく横浜Mだろう。前節、揃い踏みの前田大然とオナイウ阿道の2人に加え、
エウベルとマルコス・ジュニオールの両外国籍選手も人気を集めそうだし、ようやく合流した
レオ・セアラがお目見えする可能性もある。当ブログも横浜Mから起用するが、起用は1人のみ。
しかもDFの畠中慎之輔になる。

この畠中を起用する理由は「3文字名前のご当地選手」である事。第11節で3文字名前の選手が
得点を挙げた時はこの条件を満たすケースが続いているのだ。なお「ご当地選手」とは
所属チームのホームスタジアムがある都道府県と自身の出身都道府県が同じである選手を
指しており、この畠中も神奈川県出身の選手だ。

誤解のないように重ねて書くと3文字名前の選手の得点は決して多くはなく「得点をした場合は」
という話になる。現に2020年の第11節では3文字名前の選手の得点は記録されていない。

直近の該当例は2019年の食野亮太郎。G大阪に所属していた選手だが、食野は大阪出身なので
「ご当地選手」という事になる。2016年には現名古屋の中谷進之介が得点。得点当時は柏の選手
だったが、中谷は千葉県出身の選手だ。

さらに過去5年からは外れるが、2014年には現愛媛で当時川崎の森谷賢太郎、新潟の田中亜土夢
C大阪の柿谷曜一朗といった3名の該当者が出ている。ちなみに2014年以降の第11節ではこれ以外
の3文字名前の選手の得点は記録されておらず、「得点した場合のご当地率は100%」になる。
県によっては複数のJ1チームがあり、特に神奈川県は4つのチームがあるので畠中はご当地選手
になりやすいという事情はあるが、これは狙っていい現象だと判断した。

また、この横浜ダービーは「相手チームのご当地選手」に失点を喫する試合が3試合続いている
両チームの直近の対戦は2020年の最終節にあり、この時は横浜FCが3-1で勝ったが、横浜FCの
3得点の中には神奈川県出身の瀬沼優司が挙げたものが含まれている。

その前の試合である2020年の第6節では4-0で横浜Mの勝利だが、4得点の中にやはり神奈川県
出身である遠藤渓太のゴールがある。2019年の天皇杯では2-1で横浜Mが接戦を制したが、敗れた
横浜FCの1得点は神奈川県出身の齋藤功佑だ。

畠中を起用した理由は以上になるが、実はジンクス上からは畠中以上に見どころがある選手がいる。
それが相手となる横浜FCの武田英二郎だ。

武田も3文字名前の選手で神奈川県出身。ここまでは畠中と一緒だが、武田にはもう少し材料がある。
仮に今節、ゴールがあればJ1初ゴールになるのだ。

2019年の食野亮太郎はそれまでにJ3での得点はあったが、第11節の得点がJ1初得点、2016年の
中谷進之介に至っては第11節のゴールがプロ初ゴール(=J1初ゴール)だった。武田もこれまでに
J2でのゴールはあるが、J1では未得点で、当時の食野・中谷と同じ状況下にある選手だ。

また、武田は横浜Mでプロ生活をスタートした選手であり、さらに遡ると横浜Mのジュニアユースから
所属していた経歴を持っているが、これと全く同じ道を辿っているのが上記の森谷賢太郎なのだ。

ジュニアユース・ユースを経て横浜Mに入団し、プロとなったのも2011年で一緒。それもそのはずで
森谷と武田は共に1988年生まれで同学年なのだ。武田と多くの共通点を持ち、決して得点が多いとは
言えない森谷の得点はいったい何を暗示しているのか? 答えは明白だ。

さらにこの横浜ダービーがBS1で中継される点も見逃せない。「BS劇場」とも表現されるが、
BS1で中継される試合は不思議と劇的な展開・番狂わせとなる試合が多いようで、特に天皇杯では
多くのジャイアント・キリングが実現している。横浜Mと横浜FCは同一カテゴリーのチームなので
「番狂わせ」などの表現は適当ではないと思うが、多くの方が横浜Mの勝利と予想しているのは
間違いない事だろう。

また、武田は第5節(3月17日)で全治4週間の怪我を負っていたが、水曜のルヴァン杯で戦線復帰。
まるでこの横浜ダービーに照準を合わせたようなタイミングで、何か大きな事をやってくれそうな
予感がある。今節はこの武田の得点を楽しみにして、週末を迎える事にしたい。



posted by sakasaka at 23:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする