2021年06月24日

2021年 ファンサカmini 第20節メンバー

今節は週末に予定が立て込んでおり、早めの更新となっている。まずは前節の振り返りから。


当初、キャプとした徳島の藤原志龍や仙台のマルティネスなど、複数の選手がベンチ外となり
4名の選手を入れ替えたが、その中の1人、清水のチアゴ・サンタナがゴールを決めてくれた。
この選手は狙いの1つとして挙げた「ポルトガルでプレーした事がある選手」からの起用。
ブラジル国籍の選手だが、清水に加入する前の2016年〜2020年にポルトガルでプレーをしていた
選手だった。

比較的人気があったのでfpは伸びなかったが、これでこのジンクスから得点者は6年連続となった。
当然ながら来年の第19節からもこの条件に合う選手を起用する事になるだろう。

もう1人、仙台の松下佳貴も途中出場から得点を記録した。この選手は2019年、2020年と対清水
は2年連続でゴールの記録があった事から起用した選手。今回の得点で3年連続となり、今後の
清水戦にも期待できそうだ。

以下からが考察になるが、まず、今節、名前を挙げたいのが横浜FCの中村俊輔だ。

中村はこの第20節に抜群の実績を誇る選手。2012年〜2017年にかけ、6年連続でゴールを記録
している。(2018年以降の第20節は出場なし) 先発した先日の天皇杯ではJ3の八戸に敗れるなど、
チームも自身も苦境が続いているが、相性の良い今節で結果を出してくれる事に期待したい。

対戦相手との相性で言えば柏の呉屋大翔が有力だ。今節は湘南との対戦になるが、今年の第2節の
対戦で2得点を挙げ、4月のルヴァン杯の予選でも1得点を挙げている。さらに、昨年のルヴァン杯
でもゴールを記録しており、ここまで348分のプレーで4得点と1試合1得点を上回るペース。
柏も8試合勝利なしと厳しい状況だが、呉屋のゴールから光明を見出したい。

他では「元甲府の選手」が狙いの1つになる。2020年はパトリック(甲府在籍・2013年)が得点
を挙げ、2019年は柏好文(2010年〜2013年)が得点を挙げている。しかもこの2人は2018年の
第20節にも得点を挙げているのだ。

その2018年も阿部拓馬(2014年〜2015年)、吉田豊(2008年〜2011年)に加え、2018年の6月まで
甲府に所属していたリンスが、FC東京に移籍後、8月5日に行われた第20節で得点を記録している。

上記以外にもクリスティアーノ(2014年・2016年)が2016年と2017年の第20節に得点。さらに
2015年にはバレー(※得点時も甲府だが、2005年〜2006年にも甲府に所属)がゴールしており、
直近の6年は必ず元甲府の条件を満たす得点者が出現しているのだ。

では、この「元甲府」の条件を満たす選手の中から誰を選ぶか? 上で名前を挙げた過去の得点者
に加え、名古屋の稲垣祥や広島の佐々木翔などの所属チームのレギュラークラスの選手がいるが、
不思議とこうした選手達は今節、ほとんどファンサカminiの対象外。過去の得点者で起用可能な
選手としてクリスティアーノがいるが、既に同じ柏のFWである呉屋を起用済みなので、今回は
敢えて実績がない選手を狙ってみた。

中でも面白そうなのが横浜FCの中塩大貴。昨年まで甲府に所属していたが、個人昇格を果たした事
により、この「元甲府」の条件を今年から満たす事になった選手だ。同じような選手としてC大阪
の松田力と広島の今津佑太がいるが、いずれも今節のファンサカminiの対象外チームの選手であり、
今年、「元甲府」の条件を満たす事になった選手で起用できるのはこの中塩のみだ。

また、中塩はシーズン当初はベンチ外が続いていたが、第16節・第17節は連続で先発するなど、
ここへきてレギュラー争いに加わってきた感があり、こうした点も「巡り合わせ」のようなものを
感じさせる。

さらに2017年と2020年に札幌の菅大輝、2019年には浦和の橋岡大樹と、中塩と同じ「だいき」の
選手が第20節に得点を挙げている
。甲府所属時も含めてまだ得点のない中塩だが、出場があれば
大きな仕事をやってくれそうだ。

対戦カードから狙ってみたいのが浦和−福岡になる。まず、起用したいのが福岡の宮大樹
第13節で紹介した「関西大学リーグ」のジンクス該当者になる。

もう1人がFWの石津大介。起用の理由の1つが背番号が「16」である事。2020年の第20節では
鳥栖の林大地。2019年には当時広島の渡大生といった「16」の選手が得点しており、いずれも
石津と同じように名前が「大」で始まる選手だ。なお、林と渡はいずれも途中出場からゴールを
挙げており、仮に今節、石津がベンチスタートであるなら、さらに林、渡との共通点が増える事
になる。

そして「大介」の「介」がつく選手が浦和のホームゲームで活躍する傾向にあるのだ。2020年の
第19節では横浜FCの松尾佑介、2019年の第12節でも当時湘南(現大宮)の菊地俊介がゴール
を挙げているが、いずれも2得点。現清水の後藤優介にも2019年の第29節に該当する得点がある。

以下、得点節は省略するが、2018年はG大阪の小野瀬康介が該当者。2017年は皆川祐介
武富孝介田川亮介といった3人の得点者が出現しており、田川がやはり2得点を記録している。

このように近年の浦和のホームゲームでは「介」の選手の得点が続いており、石津自身も
過去5年からは外れるが、2015年の第34節でゴールを決めている。今節は条件が揃った
このベテランFWにキャプを託してみたい。


posted by sakasaka at 22:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする