2022年06月30日

2022年 ファンサカmini 第19節メンバー

いつものように前節の振り返りから。(※下表は貼り付けサイズミスで、普段より大き目ですが、
ご了承ください)


前節は「鳥栖所属で京都に所属歴がある選手」という点から狙った岩崎悠人がゴール。これで
4節連続して得点者を起用できており好調を持続できているようだ。

さて、以下からが今節の考察。今回はまず清水の西澤健太を起用する。対戦相手は首位の
横浜Mだが、ご存知のとおり、西澤はこの横浜M戦を得意とする選手だ。

最近の当ブログは湘南の池田昌生や横浜FCの松浦拓弥を「特定のチームに得点が集中する
タイプの選手」と表現したが、西澤も同タイプ。昨シーズンまでの西澤の総得点は13得点だが、
このうちの10得点が横浜M・湘南・名古屋の3チームに集中している。

特に今回の相手である横浜Mに対しては6試合(325分)で4得点。しかも今回は清水のホームで
試合が行われるが、このアイスタ(IAIスタジアム日本平)では2019年の対戦から3年連続で
ゴール中と抜群の相性を誇っている。自身のプロ初ゴールも同じ舞台で記録しており、今節は
アイスタでの4年連続ゴールが実現しそうだ。
(※)今節はアイスタではなく、国立競技場での開催でした。確認不足でお恥ずかしい限りです。

浦和の江坂任も狙ってみたい選手。今節はG大阪との対戦となるが、12試合(992分)で5得点。
昨年の第32節でもゴールを記録している。

2018年(第4節)と2020年(第15節)のゴールは以前の所属である柏の選手としてのものになるが、
両方の試合で2得点を記録している。リーグ戦では4月の第7節以来得点がない江坂だが、今節は
チャンス到来。「二度ある事は三度ある」となるG大阪戦・2得点を達成してくれそうだ。

以下からは定番の背番号ネタ。今回は「背番号3のDF」を狙ってみたい。

シンプルな内容で、ご覧になっている方にもすぐにご理解いただける狙いだろう。近年の第19節は
この条件を満たす選手の得点が多く、2018年以降、4年連続で該当者が出現している。

具体名を挙げると2018年は大井健太郎、2019年は現在は岐阜でプレーしているフレイレがゴール
を挙げている。2020年は丸山祐市、2021年は宇賀神友弥と当時、福岡所属のエミル・サロモンソン
そして丸山祐市が2年連続となる得点を挙げており、一挙に3名がゴールを記録。ちなみに前節
(第18節)の過去5年間で同じ「背番号3のDF」の得点者は2021年の進藤亮佑のみだ。

さて、ここからが毎度の「誰を起用するか?」の問題。「背番号3のDF」はチームの守備の要とも
言える選手で該当者も多く、今年は12名。もちろん全員起用できる訳はなく、絞り込みが必要と
なってくる。

が、ここでもジンクスの神様は明快な答えを用意してくれていた。今回のポイントは「年齢」
実は上記で取り上げた過去の該当選手はすべて得点時に30歳以上だったのだ。

例えば2018年の得点者である大井健太郎は1984年生まれで得点時の年齢は34歳だった。
2019年のフレイレは1989年生まれなので、30歳だったという事になる。
(※ 当ブログの年齢計算は誕生日の到来に関係なく、単純に「得点年−誕生年」で計算)

2020年の丸山裕市も1989年生まれなので31歳。2021年の宇賀神友弥は1988年生まれ、
エミル・サロモンソンは1989年生まれなので、いずれも30歳を超えていた選手だ。

よって、12名いる候補選手の中、福岡の奈良竜樹(1993生)や京都の麻田将吾(1998生)
湘南の石原広教(1999生)や神戸の小林友希(2000生)といった多くの選手は30歳に達して
おらず、このジンクスの該当外。結果、ここからの起用は2名となる。

具体的には広島の塩谷司(1988生)とFC東京の森重真人(1987生)の2名。塩谷は水曜に
行われた第15節の延期試合にフル出場し今節は中2日で迎える試合。森重の前節は鳥栖に
5失点大敗と、共に懸念材料があるが、ここは百戦錬磨の2人の底力に期待したい。

なお、鳥栖のジョアン・オマリ(1988生)も該当者だが、ここまでリーグ戦でのプレー時間は
わずか1分。前節の鳥栖はFC東京に完封勝ちをし、今節は出場停止だった主力DFの田代雅也も
戻ってくる。先日の天皇杯・3回戦では短い時間ながら出場しており、プレーできる状態にはある
ようだが、今節、ジョアン・オマリが起用される可能性は極めて低いと思われるため、現時点では
メンバー外としている。

以下からはまた別の狙い。ここでは「ポルトガルでプレーした事がある選手」を狙ってみたい。

こちらもシンプルな内容だが、過去の第19節ではこの条件を満たす選手の得点が続いている。
例えばC大阪のブルーノ・メンデスが該当者の1人になる。ブラジル国籍のブルーノ・メンデスだが、
2015年から2017年にかけてポルトガルのチームに在籍した経験があるようだ。

そして、このブルーノ・メンデスは2019年、2020年と第19節は2年連続して得点を挙げている。
他にも2019年の該当者として上記の「背番号3のDF」で名前を挙げたフレイレがいる。フレイレは
主に2010年〜2015年にかけてポルトガルでプレーしていたようで、DFという事もあり、2019年は
2得点しか挙げていないが、そのうちの1得点がこの第19節だった。

以下、詳細は省くが、2018年は鹿島や浦和に所属したファブリシオが該当者。2017年は川崎の
エドゥアルド・ネットと大宮のマルセロ・トスカーノが得点を挙げ、2016年は大宮の選手だった
ネイツ・ペチュニクがこの年リーグ戦唯一となるゴールを記録している。

そして昨年は清水のチアゴ・サンタナがゴールを挙げており、まとめると2016年以降、毎年該当者
が出現しているジンクスであり、今年もこの条件を満たす選手から得点者が出る事だろう。

今年は柏のマテウス・サヴィオや福岡のドウグラス・グローリーといった選手もポルトガルでの
プレー歴があり、候補となりうる選手だが、ここからの起用はC大阪のジェアン・パトリッキとして
みたい。

起用の理由は「来日前の所属チーム」。まず、ジェアン・パトリッキは今年「CDサンタ・クララ」
いうチームから加入した選手になる。当ブログはポルトガルのサッカーについてはほとんど知識は
ないが、wikiによるとクラブ創立以来、国際タイトルの獲得歴はなく、国内タイトルも2部相当の
リーグでの優勝が1回ある程度。今年は1部所属のようだが、強豪と呼べるほどのチームではない
ようだ。

そんな「CDサンタ・クララ」だが、実はこのチームは昨年の得点者である清水のチアゴ・サンタナが
所属していたチーム
なのだ。さらにチアゴ・サンタナは2017年〜2020年、ジェアン・パトリッキは
2020年〜2021年の在籍となっており、単に所属歴が共通しているだけではなく、2020年は同時に
所属していたのだ。

さすがにポルトガルのリーグ戦の記録は確認していないが、この2020年は共にチームの主力として
プレーしていたようであり、同時にピッチに立っていた可能性も十分だ。おそらく2人は旧知の仲と
思われ、ジェアン・パトリッキにはチアゴ・サンタナに続く形のゴールを期待している。

また、ポルトガルでプレーした経験があるのは外国籍選手だけでなく、日本人選手にも該当者がおり、
過去に得点歴もある。例えば昨年まで横浜Mに所属していた前田大然は2019年〜2020年前半に
「CSマリティモ」に在籍した経験があるが、日本に復帰後の2020年の第19節でゴールを挙げている。

現在は前田のいた横浜Mでプレーしている西村拓真も2020年の1月〜3月と非常に短い期間だが
ポルティモネンセSCに所属していた。新型コロナの影響もあり、当時の所属であった仙台に
復帰する事となったが、やはり2020年の第19節で2得点を記録している。

よって、外国籍選手だけでなく、日本人選手から起用してみたいが、この条件にピッタリなのが
鹿島の安西幸輝。安西は2020年から2021年途中にかけ、上記の西村と同じポルティモネンセSCに
所属していた選手だ。2021年の復帰(選手登録)は第22節終了後となっており、今年の第19節は
「ポルトガルでプレーした事がある選手」の条件を満たした後の初めての第19節となる。

DFである安西だが、今節の相手となる柏には海外挑戦前の2018年の第17節に得点歴があり、
また、同年の第19節に得点があるのも心強いデータ。今節は日本復帰後の初ゴールが飛び出す
可能性が大きい。人気上位の鹿島の選手であるためキャプとはしなかったが、大きな期待を
かけている選手だ。



posted by sakasaka at 22:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック