2022年07月15日

2022年 ファンサカmini 第22節メンバー

いつものように前節の振り返りから。


長友佑都のキャプ起用は振り回し過ぎて失敗だったが、2名の得点者の起用に成功。前々節の
嫌な流れをすぐに断ち切る事ができたようだ。

脇坂泰斗は「名前に『坂』が入る選手」の狙いからの起用だった選手。「アシストとセット」は
実現しなかったが、人気の高い川崎の選手で12fpなら上出来だろう。ジンクスも4年連続で
該当者が出現という事となり、来年もこの条件を満たす選手がゴールを挙げる事になりそうだ。

西澤健太については第19節で取り上げたとおり。前節は名古屋戦だったが、この選手は
「横浜M・湘南・名古屋」の3チームに得点が集まる選手で、前節も傾向通りの結果が出た。
西澤は今回のゴールで通算15得点となったが、このうちの11得点が上記の3チームからで
占有率は73.3%になる。今年は横浜M・名古屋との対戦は終了し、残るは第29節の湘南戦。
もちろん有力な選手の1人として起用予定だ。

さて、以下からが今節の考察。今回はまず、G大阪−C大阪の大阪ダービーから得点が期待
できる選手を選んでみたい。

ホームのG大阪からはFWの山見大登になる。対C大阪は今年の第14節と昨年のルヴァンカップ
準々決勝で得点を挙げており、自身が複数得点を挙げている唯一のプロチームになる。
今節は新加入の鈴木武蔵と食野亮太郎に注目が集まると思うが、試合を決めるゴールは
伏兵的存在のこの山見が挙げてくれそうだ。

対するC大阪からはMFの奥埜博亮になる。対G大阪はここまで6得点で、自身が最も得点を
挙げている相手になる。上記の山見が得点を挙げた第14節では2得点を記録。その他、2020年の
第2節や、仙台所属時の2017年の第31節や2015年の第16節にもゴールがあり、実績充分。
C大阪が勝利するなら立役者はこの奥埜になるだろう。

もう1人、相性面から狙ってみたいのが湘南の大橋祐紀。今節は福岡戦となるが、ここまで
4試合で2得点。ただし、プレー時間はわずか106分であり、90分得点率に換算すると「1.69」と
いう数字になる。今節は町野修斗が先発に復帰しそうで、大橋はベンチスタートと予想するが、
2得点はいずれも途中出場から記録しており、全く問題なし。短いプレー時間でも大仕事を
やってくれそうだ。

以下からは久しぶりの感がある「スタジアムジンクス」からの起用。シンプルな内容のものを
2つ挙げてみた。

まず、京都のスタジアムジンクスで「兄弟選手」から。まさに読んで字の通りで、近年の京都の
ホームゲームではこの「兄弟がJリーグ選手」の得点が目立つのだ。

2021年の京都はJ2所属だったが、第23節で新潟の高木善朗がゴールを挙げている。高木は
「高木3兄弟」で有名な選手で、兄は千葉に所属の高木俊幸、弟は山口の高木大輔になる。

2020年に該当者はなかったようだが、2019年には当時愛媛の山瀬功治が第35節でゴールを
挙げている。山瀬の弟は横浜Mや鳥栖などでプレーした山瀬幸宏氏になる。また、第20節では
当時水戸(現福岡)の前寛之が得点を挙げているが、兄が松本所属の前貴之になる。

2018年には当時愛媛(現鹿児島)の有田光希が第40節で該当のゴールを挙げている。
有田の弟である有田光成氏は目立った活躍はできなかったが、J2の松本に所属した事が
ある選手だった。

また、2018年の第41節では千葉の選手であった船山貴之の得点があるが、兄の船山祐二氏
は鹿島や山形でプレー経験がある選手だ。

さらに「双子」の得点例もある。2019年の第27節では栃木(現徳島)の西谷和希がゴール。
弟にあたる選手になるが、兄は栃木でプレーする西谷優希になる。また、2018年の第10節では
現在は熊本でプレーしている黒木晃平が得点を挙げている。双子の兄にあたる黒木恭平氏は
昨年、京都で現役を引退した選手になる。

このように近年の京都のホームゲームでは双子を含む兄弟選手の得点が続出しているが、
実は今年も該当例があり、第7節で鳥栖の小野裕二が得点を挙げている。小野の兄にあたるのが
小野悠斗。J1でのプレー経験はないが、2015年〜2019年にかけて岐阜でプレーしていた選手で
現在は海外でプレーしているようだ。

そして、驚く事にこの小野悠斗もジンクスの該当者で、2017年の第16節、西京極での試合で
ゴールを挙げている。ちなみにこのゴールが小野悠斗のプロ入り初ゴールだった。

前例の紹介が長くなったが、今節、京都と対戦するのは広島になり、該当者は浅野雄也
兄がご存知、浅野拓磨という事になる。浅野雄也は2020年から広島でプレーし、2020年は
5得点・4アシストで、2021年は6得点。2年とも30試合以上出場しており、レギュラーの座は
揺るぎないものと思えたが、一転、今年はここまで無得点。出場も11試合に留まっている。
ジンクスの該当者である今節は巻き返しへの第一歩となるシーズン初ゴールに期待したい。

もう1点は清水のスタジアムジンクス。正確にはスタジアムジンクスというより、清水−浦和の
得点傾向といった方が良いと思うが、「浦和のDFが得点をする」という内容になる。

これも読んで字の通り。清水のホームゲームではなぜか浦和のDFの得点が続いている。
例えば2021年は第8節に清水−浦和が行われ、0−2で浦和が勝利したが、この試合の
得点者の1人にDFの岩波拓也が含まれている。

2020年は第18節に該当試合があったが、1-2で浦和が勝利。2得点のうち、1得点は
やはりDFの山中亮輔が挙げたもの。2019年も0-2で浦和が勝利したが、1得点はDFの
マウリシオが記録したものだ。

2018年の第23節は3-3のドローだったが、槙野智章が1得点を記録。2017年の第24節では
遠藤航がゴールをし、2017年から2021年の5年間すべてにおいて該当者が出現している。

さらに遡ると2016年は清水がJ2所属であったため対戦そのものがなく、該当者もいないが、
2015年の第28節では森脇良太、2014年の第23節でも森脇良太槙野智章がゴールを挙げており、
対戦がなかった2016年を除けば実に7年連続で該当者が出現。まさに「鉄板」とも言えるジンクス
なのだ。

さて、ここからがいつもの「誰・起用?」の問題。当然の事だが「浦和のDF」の条件を満たす
選手は複数名存在する。また、前節では先発・途中出場を併せて6名のDFがプレーしているが、
ファンサカminiで同時に起用可能なDFは5名までとなっているため、やはり「絞り込み」が必要に
なってくる。

以前にも書いたが、こういう場合は「以前の得点者の再確認」が鉄則になる。ジンクスの神様は
必ず手掛かりを残してくれており、今回も岩波を始めとする過去の得点者に何らかの共通点が
あるはずと考えた。

結論から書くと、ここからの起用はアレクサンダー・ショルツ岩波拓也酒井宏樹の3名になる。
ここまで20試合以上に出場し、得点もあるショルツと岩波の起用はともかく、今年、無得点で
また、清水に対して得点歴もない酒井がなぜ含まれるのか? その理由は下表をご覧いただけば
ご理解いたただけるだろう。


もう、お分かりのとおり、ポイントは「浦和への入団年」 上記で挙げた過去の得点者のすべては
「得点年より前に入団していた選手」
なのだ。前節、先発したDFの1人として大畑歩夢がいるが、
この選手は鳥栖から今年入団した選手。第15節以降は先発が多くなっており、狙ってみたくなるが、
今回のジンクスの条件には合わないので起用しない選手となる。

その他、前節でプレーした馬渡和彰知念哲矢も今年入団した選手なのでやはり対象外。
ここまで9試合に出場している宮本優太といった選手もいるが、この選手も流通経済大学から
加入したルーキーなので対象外となる。

起用する3人はいずれも以前から浦和でプレーしていた選手であり、岩波は2018年、ショルツと
酒井は2021年から在籍している。3人とも人気があり、高fpは望めないが、この中のいずれかが
これまでのジンクスを継承してくれるはずだ。

最後に今節のキャプとしたのが磐田の鹿沼直生になる。鹿沼は当初、起用の予定になかったが、
今年の記録を確認していて目に留まった選手だ。鹿沼は今年、公式戦で4得点を挙げているが、
このうちの2得点をFC東京から挙げている。

覚えている方はいないと思うが、今年の当ブログは同じような選手を起用し、結果を出している。
それが第17節で起用した池田昌生。池田も起用時点では今年、FC東京から2得点を挙げており、
第17節で3得点目となるゴールを挙げ、期待に応えてくれた。

今回の鹿沼も池田同様の結果を期待した訳だが、その他にも鹿沼と池田にはいくつかの「繋がり」が
ある
ようだ。まず、名前が「生」で終わっている点が一致しており、「沼」「池」と水に関係する
地形を表す文字が含まれている点も共通している。

また、J3からプロキャリアをスタートさせた点も共通しているが、面白いのが鹿沼がプロ初得点を
挙げた試合。鹿沼は2020年に相模原に入団。第14節で初得点を記録したが、この時の相手が
当時の池田が所属していた福島だったのだ。そして、この試合では池田も同時にプレーしており、
得点はなかったが、アシストの記録がある。

池田との繋がり以外にも鹿沼を推せる材料ががあり、それは「なおき」という名前。鹿沼は
上記の通り、今節はFC東京と対戦。会場は味の素スタジアムであり、鹿沼から見てアウエーに
なるが、近年の味の素スタジアムではこの「なおき」の選手の得点が複数回記録されているのだ。
2021年は第5節で湘南の山田直輝がゴール。2020年は第24節で大分の野村直輝、2019年に
該当はなかったが、2018年の第2節では湘南所属であった石原直樹氏がゴールを挙げている。

現在のFC東京の失点数は「26」で、これはリーグ内で下から数えた方が早い数字だが、
ホームゲームに限るとわずか「6」になり、横浜Mと鳥栖に並んでリーグ最少タイとなる。
鹿沼が所属している磐田もここ3試合は無得点と、あまり得点が期待できる状況ではないが、
いい意味で予想を裏切るゴールを挙げてくれそうだだ。


posted by sakasaka at 19:07 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック