2022年08月04日

2022年 ファンサカmini 第24節メンバー

いつものように振り返りから。


起用した選手は予想より多く出場したが、残念ながら得点者はなし。第21節から3連敗となっており
ここで悪い流れを断ち切りたいところだ。

以下から考察に入りたいが、引き続き新型コロナの感染者が高水準で推移しているようだ。
前節は川崎のベンチ入りメンバーの件(控え5人中、3人がGK)が大きな話題となったが、
水曜のカップ戦でも福岡の控え選手がわずか4人となり、短い時間ながらGKの山ノ井拓己が
フィールドプレイヤーとして投入される事態になっている。その他、前節は京都や清水でも多数の
主力選手がベンチ外となっていたようで、今節も出場の可否が非常に予想しづらい状況に
なっている。

今節も予告なく複数の選手を入れ替える可能性がある点をご承知おきいただきたいが、まずは
今節の対戦相手に相性が良いと思われる広島の柏好文を起用する。今節は鹿島戦となるが、
ここまで通算で6得点。今年の第12節の対戦では2得点を挙げ、26fpを達成。2019年の第17節でも
2得点で18fpと、近年の対戦で複数得点&高fpを記録している選手だ。

この柏も前節はベンチ外で今節の出場は無理なのかと思っていたが、水曜の試合でプレーしており、
問題はないようだ。水曜は首位の横浜M相手に試合で、今節は現在2位の鹿島と対戦と骨っぽい
相手が続くが、水曜の試合ではゴールを記録しており、この勢いのままゴールを重ねてくれそうだ。

C大阪の山中亮輔は前節でプレーしており、この記事を書いている時点では出場が見込める選手だ。
今節はホームに神戸を迎えての試合になるが、対神戸はここまで1得点・3アシストとよくゴール
に絡んており、今年の初戦となった第8節でもアシストの記録がある。今シーズンはまだ得点は
ないが、精度の高い左足から繰り出されるミドルシュートなどに期待してみたい。

定番の名前ネタからの狙いはFC東京の東慶悟になる。近年の第24節では2021年には広島の
東俊樹、2020年に鳥栖の趙東建。2018年には伊東純也名前に「東」が含まれている選手
得点が続いている。

さらに過去5年からは外れるが、2015年にも鳥栖の白星東の得点があり、東自身も古い記録に
なるが、2011年、2012年の第24節に得点がある。当ブログが「推しメン」として取り上げた時は
大分の期待の若手だった東も既に32歳。今シーズンはまだ得点もアシストもないが、今節は
健在ぶりを結果で示してくれる事だろう。

東が所属するFC東京と対戦する清水からは先日、チームに復帰した北川航也を狙ってみたい。
2019年の7月以来の復帰となったが、対FC東京は2017年〜2019年まで3年連続で得点があり、
しかも2018年と2019年のゴールは今節と同じ味の素スタジアムで挙げている。今年のFC東京は
ホームでは守備が堅く、11試合でわずか6失点だが、今節、この牙城を崩すとしたら北川の得点
に他ならないだろう。

以下からはスタジアムジンクスからの狙い。今回は京都のスタジアムジンクスからになる。

ご存知のとおり、京都は今年J1に復帰したチームであり、昨年はJ2に所属していた。
J2のリーグ戦は全42節で争われ、ホームでのゲームは半分となる21試合で行われる。
昨年の京都はホームの21試合で19失点を喫しているが、その19失点の相手チームの
得点者が以下の19名になる。


一見、特にこれといった共通点や際立った傾向はないように思える。得点者の所属チームに
偏りはないようだし、当ブログ得意の「名前ネタ」や「背番号ネタ」に使える材料もなさそうだ。
「DFの得点が多い」といったポジション別の傾向もないようだし、また、この中で途中出場から
得点を挙げたのは相模原のユーリのみであり、「途中出場をしそうな●●の選手」といった狙いも
無理そうだ。

だが。ある1つの項目に注目すると、この19名の中で多くの「ぺア」が存在していた事が
わかった。ではその項目とは何か? 答えは「誕生日のペア」になる。

下記に誕生日を付記した19名の一覧を再掲したが、ご覧の通り誕生日が1日違いの選手が
5組。計10名も存在
。昨年の京都のホームゲームの得点者の半数以上の選手がこの傾向に
関係していたのだ。


ちなみに2020年の京都はホームで21失点だが、この年は同じ誕生日の選手が2組存在
(大宮の奥抜侃志と長崎のルアン:8月11日生)と(水戸のンドカ・ボニフェイスと群馬の
岡村大八:2月15日生)しており、京都のホームゲームでの得点者は「誕生日」が大きな
鍵になる
と判断した。

では、今回、この狙いから誰を起用するのか? 今節、京都と対戦するのは柏であり、
柏の選手であるのは確定している。そして、今シーズン京都のホームゲームで得点を
挙げた選手とその誕生日は以下であり、これらの誕生日と1日違い。もしくは一致している
柏の選手が狙いという事になる。


結果、ここからの狙いはMFの小屋松智哉になる。小屋松の誕生日は4月24日であり、
第22節で得点を挙げた広島の森島司の4月25日と1日違いで、条件にピッタリ合う。
なお、DFの染谷悠太も町野修斗と同じ9月30日生で該当者ではあるが、今シーズンの
リーグ戦の出場がないため、起用対象者からは除外している。

当ブログは今年、小屋松を第9節でも起用しているが、やはりこの京都−柏のカードだった。
当時の起用は「小屋松が京都に所属歴がある」「1−13という歴史的大敗を喫した試合の
1得点を挙げたのが小屋松で、同じ相手・同じ会場」といった点に注目したものだったが、
特にジンクスなどに裏付けされたものではなかった。

この時は小屋松に得点はなく、起用は空振りに終わったが、今回は「1日違いの誕生日」
という1つの傾向に沿った起用になる。前回は残念な結果に終わったが、今節は恩返し
ゴールに期待し、この小屋松をキャプとして起用している。

そして、森島と小屋松のもう1つの繋がりについても挙げておきたい。2人の誕生日を
改めて確認すると森島は1997年4月25日生。小屋松は1995年4月24日生となり、
学年で言えば、小屋松の方が2学年上という事になる。

そしてこの2人は2013年末から2014年初頭に開催された「第92回全国高等学校サッカー
選手権大会」 いわゆる「冬の高校サッカー」に同時に出場している
のだ。当時、森島は
1年生、小屋松は3年生であり、2人が同時に出場可能な大会はこの1大会しかなかった。

森島は三重県の四日市中央工業、小屋松は京都府の京都橘高校の出身で、いずれも
高校サッカーの強豪校だが、本大会へは一発勝負の各都道府県の予選を勝ち抜いてくる
必要があり、決して簡単な事ではない。2人の所属校が同時に参加できたのは奇跡的とは
言わないまでも、かなりの巡り合わせのようなものが必要だったと感じた。

さらに本大会でも面白い一致があった。森島は1年生であったが、ベンチ要員ではなく
出場した全ての試合に先発出場。特に3回戦では現在横浜FCの小川航基がいた神奈川の
桐光学園と対戦し、ゴールを記録。この森島のゴールがそのまま決勝点となるなど、
チームの主力として大いに貢献している。

小屋松もチームのキャプテンとして全試合に出場。那覇西戦と市立船橋戦では得点を挙げ、
チームを牽引したが、残念ながらこの森島と小屋松の対戦は直前で実現しなかった

「直前」という表現を使ったが、これはどういう意味か? 実は2人の四日市中央工業と
京都橘高校は不思議な事に両校とも準決勝で敗退しているのだ。上記のように2校同時に
出場もかなり難しいと思うが、さらに両校とも準決勝まで勝ち進むとなれば、より一層の
偶然や巡り合わせが必要となるはずで、当ブログは第22節の森島の得点が今節の小屋松
の得点を暗示している大きなサインであると解釈した
。なお、両者とも大会の優秀選手に
選出された点も共通している。

蛇足になるが、この大会で優勝したのは今節起用している西村拓真が所属していた
富山第一高校になる。西村の起用はまた別の狙いからになるが、それは西村が得点を
挙げた際に取り上げたいと思う。


posted by sakasaka at 19:25 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック