2022年10月27日

2022年 ファンサカmini 第33節メンバー

前節からやや時間が経ったが、いつものように振り返りから。


山村和也の起用がズバリ的中。出場は9月3日の第28節、さらに先発となると5月に行われた
第15節以来で、試合への入り方や体力面など難しい事が多かったと思うが、さすがはベテラン。
チームの窮地を救う大きな仕事をやってくれた。

加えてパトリックの起用も大当たり。PKとは言え杉本健勇も初得点を記録し、「特別指定選手」の
狙いから起用した山原玲音と大久保智昭もアシストを記録するなど、十分満足の行く結果だった。
今節を含めて残り2節。このいい流れのままシーズンを締めくくりたい。

以下からが今節の考察だが、まずは対戦相手に相性の良さそうな選手から。1人目は湘南の
町野修斗になる。今節は鳥栖との対戦になるが、この鳥栖戦は昨年の第32節と今年の第2節で
ゴールを挙げており、2試合連続ゴール中だ。

そして町野が対鳥栖でプレーしたのは現時点でこの2試合だけ。プレー時間も計114分と短いので、
90分得点率は「1.57」という数字になる。今節は3試合連続ゴールと、新たな鳥栖キラー誕生に
期待しての起用になる。

もう1人は柏のドウグラス。今節は福岡との試合になるが、通算7試合(330分)で3得点。今年の
第4節の対戦こそ結果が出なかったが、それでも90分当たりで「0.81」という高い得点率を記録
している。

今年は5月に左膝の負傷があり、プレーできない期間が続いたが、第27節に復帰。その後の6試合で
3得点・1アシストを記録し、その力に衰えがない事を証明している。今節は人気の1人となりそうだが、
抑えておきたい選手の1人だ。

久しぶりの感がある背番号ネタからは「32」の選手を狙いたい。試合ではあまり見かけない部類の
背番号になると思うが、2021年は仙台の氣田亮真。2020年は京都(当時C大阪)の豊川雄太が得点。
2018年には鹿島の安西幸輝がゴールと、直近の5年で3名の得点者が出現している。

浦和や広島など、チームによっては「32」の該当者がなく、また、該当であっても湘南の松村晟怜や
名古屋の豊田晃大といった選手は20歳前の若手選手であり、今節の出場は限りなくゼロに近い。
さらに氣田と安西が途中出場からのゴールである事や、直近の出場状況を加味をすると起用候補は
ほぼ1人に限定できた。

その選手は清水のベンジャミン・コロリ。背番号「32」である事はもちろんだが、リーグ戦は
ここまで19試合に出場しているが、先発はわずか3試合。出場するなら「途中出場」の選手で、
これまでの得点者と似た状況の選手だ。

さらに今節は鹿島との対戦になるが、ベンジャミン・コロリのリーグ戦初ゴールは第6節の鹿島戦で
記録されている。この時は先発だったが、第17節や第25節では途中出場からゴールを挙げており、
20fpを記録するなど「一発」の魅力もある。

以下から名前ネタになるが、今回は「名前に旧字体・異体字が含まれている選手」を狙ってみたい。
なお、この「旧字体・異体字」については各々に定義や違いなどがあるようだが、ここでは
「時々、名前の中で見かける難しい漢字」という程度の認識に留め、同一視して話を進めさせて
いただいている。

さっそくだが、実例を出してみたい。当ブログが日常生活の中で比較的見る例として「沢」の文字が
ある。この文字を難しく書くと「澤」になるが、近年の第33節ではこうした難しい字が名前に含まれて
いる選手の得点が目立つ
のだ。「澤」の該当者としては清水の西澤健太がおり、2020年の第33節に
ゴールを挙げている。なお、通常の「沢」を使う選手の得点としては2019年の第33節に大分の
長沢駿が記録している。

「辺」の文字も比較的よく見る例になるだろう。2021年の第33節にはFC東京の渡邊凌磨が得点。
当時神戸所属だった渡邉千真も2017年の第33節にゴールを挙げている。ちなみにこの「辺」と
いう字は種類が非常に多く、「フジテレビュー!!」のページによると51種類もあるそうだ。
(※ 上記2名の「辺」も違う字、通常の「辺」では2020年に横浜Mの渡辺皓太が得点)

さらに、ここまでの記事の中にもう1人、該当者が含まれている。「32」の該当者として紹介した
氣田亮真で「氣」は「気」を難しく書いた漢字になる。

2021年には横浜Mの實藤友紀が得点を挙げているが、「實」は「実」という文字を難しくしたもの。
また、2017年には現在は韓国でプレーする齋藤学がゴールを挙げているが、「齋」の文字も
普通に書けば「斉」という文字になる。
 
さて、ここからが最大の問題、「では、どの漢字に注目すればいいのか?」という話になる。
例えば候補となる文字の1つとして「浜」があり、この文字を難しく書くと「濱(M)」という
文字になる。確認すると濱田水輝(元浦和)や吉濱遼平(元湘南)・牛之M拓(元福岡)といった
選手がおり、いずれもJ1でプレー歴があるが、現在はJ2以下でプレーしており、ファンサカminiでは
起用できない選手達だった。

他にも「崎(さき)」の文字がある。この文字には「ア」という書き方もあり、該当者がいれば
面白いと思ったが、現在のJ1でプレーしている選手はすべて左側の「崎」で登録されているようで
該当なし。このように試行錯誤し、少々、時間がかかったが、1つの結論に辿り着いた。

それは「島」の文字。川崎の大島僚太や、広島の森島司、札幌の中島大嘉や柏の上島拓己など
「島」を使うのが一般的だが、現在のJ1で「嶋」を使い、今節、プレーの可能性がある選手が2名いる。

その2名が福岡の前嶋洋太と柏の戸嶋祥郎。さらに今節は 福岡−柏 が組まれており、前嶋と
戸嶋の両者が直接対決の形になっているのも興味深い。共に不動のレギュラーとは言い難く、
同時にピッチに立つ事はないかもしれないが、いずれが得点を挙げても高fpが期待できそうだ。

そして、今節のキャプは、前嶋と戸嶋のどちらか…と、言いたいところだが、実は「旧字体・異体字」
の狙いはこれで終わりでなく、続きがある。

前嶋や戸嶋、そしてこれまで名前を挙げた過去の該当者(氣田・實藤など)もすべて「苗字」に
「旧字体・異体字」が含まている選手だった。と、なると、もう1つの要素である「名前」も
チェックする必要がある
と当ブログは考えた。

ここで浮上してくるのが「竜」という文字。この文字を難しく書くと「龍」という文字になる。
そして、上記の前嶋と戸嶋同様、名前に「龍」が入り、今節、プレーの可能性がある選手が2名いる。
(GKとした磐田の三浦龍輝を含めれば3名)

それが名古屋の森下龍矢と横浜Mの小池龍太の2名。この2名を前嶋や戸嶋より強く推すには
やはりそれなりの理由があり、まずは今節の対戦相手に相性が良いのだ。
(前嶋と戸嶋はそれぞれの相手に得点歴はない)

森下のプロ入り初ゴールは2020年の第8節に記録されているが、その時の相手が今節対戦する
FC東京、さらに第19節の対戦でもゴールを奪っている。ちなみに ここまでの森下は通算4得点
なので、その半分をFC東京から挙げている事になる。最近の森下はMFとして出場しているようだが、
登録はDFで、対FC東京の2得点もDFとして出場した試合で記録されている。

小池が所属する横浜Mは浦和をホームに迎えるが、小池は2020年、2021年と2年連続して
ホーム・浦和戦で得点中。さらに今年の初戦となった第11節の対戦でもアシストを記録している。
言うまでもないと思うが、小池もFWやMFではなく、DFの選手だ。

さらに「過去の第33節の傾向」がある、直近5年以内の第33節で名前に「島」が入る得点者の
該当はないが、「竜」がつく選手は2020年に鹿島の和泉竜司。2018年には飯尾竜太朗(現秋田)と
長谷川竜也(現横浜FC)のゴールがあり、「竜」の当たり節となっている。キャプは得点時の
インパクトを考え森下としたが、小池にも期待十分。今節は揃ってのゴールを期待している。



posted by sakasaka at 19:09 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック