2021年08月19日

2021年 ファンサカmini 第25節メンバー

まずは前節の振り返りから。


更新後、広島-神戸が豪雨のため中止になったので神戸の中坂勇哉からC大阪の加藤陸次樹に
入れ替えていたが、得点者はなし。オリンピック中断明けで2名の得点者が出たので、勢いに
乗りたかったが、流れをつかめなかったようだ。

以下から考察に入るが、今節、最初の起用は清水の西澤健太。上記のオリンピック中断明けの
第23節で起用し、見事に期待に応えてくれた選手だ。今節も相性の良い湘南戦。待望のシーズン
初得点を挙げ、プレッシャーからも解放されたはずで、続けての好結果を狙ってみたい。

また、人気が予想されるが、横浜Mの天野純も外せない。「華麗なテクニックで相手を翻弄し、
魔法の左足から味方の得点をアシスト…」といったイメージのある選手だが、今節の仙台戦は
自身が主役となる事が多いようで、ここまで4得点を記録。今年のルヴァン杯の対戦でも2得点
を記録している。

さて、ここからが本題になるが、この第25節には「鉄板ネタ」が2つある。その1つ目がいわゆる
「恩返しゴール」になる。

いつものように過去の該当者を挙げていきたいが、その前に昨年、2020年の第25節はロースコア
の試合が多かった
事に触れておきたい。18チーム・全9試合が行われたが、うち3試合が0-0の
スコアレスドロー、2試合が1-0で終わるなど、9試合の総得点はわずか「12」 1試合平均で「1.33」
という数字だった。

各節の平均得点数についてはFootball LABに詳しいデータがある。全体の平均は算出されて
いないようだが、見た範囲では「2.7」程度ではないだろうか? つまり昨年の第25節は平均の
半分程度しか得点が入らなかった珍しい節だったようだ。

「得点が少ない=得点者が少ない」なので、主に過去の得点者から起用者を導き出す当ブログに
とっては厳しい状況たが、そんな昨年の第25節にも「恩返しゴール」の条件を満たす選手がいた。
名古屋の金崎夢生で、2015年から2018年にかけてプレーしていた鹿島相手にゴールを挙げている。

以下、2019年以前の選手については簡単な表を作ってみた。2016年までの過去5年間に加え、
さらに1年前の2015年も該当者が出ている有力なジンクスと言えるだろう。


では、今節は誰を起用するか? まず、該当者となるのが神戸に加入した大迫勇也になる。
今節の神戸の相手は鹿島になるが、鹿島は大迫が2009年〜2013年に在籍していたチーム。
既に選手登録は完了し、出場は可能。このタイミングで日本に復帰した事も「いかにも」な
雰囲気が漂っている。

だが、さすがに今節には間に合わない模様で、今回の起用は見送りたい。ただし、ジンクス上
は極めて有力な選手で、出場があったらいきなりのゴールがあっても全くおかしくない選手だ。

大迫の起用は見送ったが、もちろん大迫以外にも該当者はいるので、今節はここから手広く
起用していきたい。例えば横浜Mの和田拓也。今節の相手は仙台となるが、仙台は2013年に
所属していたチームになる。

今年の和田の出場は限定されており、リーグ戦ではここまで7試合。ルヴァン杯や天皇杯を
含めても13試合のプレーに留まっているが、リーグ戦、ルヴァン杯で共に1得点ずつの計2得点
を記録。これはDFである事を考えれば高く評価していい数字だろう。

しかもこの2得点は共にニッパツ三ツ沢球技場で記録されているが、今節の仙台戦も同じ
ニッパツ三ツ沢球技場で開催されるのだ。横浜ダービーとなる第30節で同球技場での試合が
組まれているが、これは横浜FCがホームであり、横浜Mがホームとなる試合は現時点では
今年最後。和田が今年の3得点目を決めるなら今節になるだろう。

また、清水の指宿洋史も昨年まで所属していた湘南が相手となる。この指宿は昨年の第25節に
湘南の選手としてゴールを記録しており、場所も今節と同じレモンガススタジアム平塚だった。
(当時はBMWスタジアム平塚) 昨年はホームの選手として得点した指宿だが、今年はアウエー
の選手として同じ第25節に得点を記録してくれそうだ。

その他、これまでに該当例がないので期待度は下がるが、鳥栖のエドゥアルドや広島のハイネル
G大阪のキム・ヨングォンといった外国籍選手も該当者。いずれも人気化する事はないはずで、
高fpが期待できそうだ。

もう1つの「鉄板ネタ」は「左利きのFW」という内容。上記のとおり得点者が少ない昨年の第25節
だったが、川崎の家長明博と名古屋のマテウスが該当するゴールを決めている。両者ともMFで
プレーする事もある選手だが、2020年は共にジンクスの条件に合うFWとしてプレーしていた事にも
注目したい。

2019年は名古屋の前田直輝と神戸の田中順也(2得点)、2018年は札幌の菅大輝や浦和の李忠成
さらに名古屋でプレーしていたジョー(2得点)などが該当者。2017年も磐田の川又賢碁や仙台の
ハモン・ロぺス、2016年は湘南の端戸仁がゴールを挙げている。

では、今年は誰を起用するべきか? 候補の1人としては浦和のキャスパー・ユンカーがいた。
浦和の公式ページには利き足のデータはないが、wikiには左足とある。また、これまでの7得点中、
5得点を左足で決めており、今回の条件に合う選手である事は間違いないようだ。

ただ、このキャスパー・ユンカーは先日、頬骨の骨折が発表され、今節は欠場が決定的になった。
また、マテウス・前田直輝・ジョーと直近の3年は名古屋の選手の得点が続いており、ここから起用
を考えたのが先日、名古屋に加入したシュヴィルツォク。だが、残念な事にこの選手は右利きの
選手のようだ。

「今年は該当者なしか?」と思い、再確認して目に留まったのが、横浜FCのフェリペ・ヴィゼウ
この夏に日本にやって来た選手だが、wikiには利き足が「左」とあり、これを裏付けるような記事
を見つける事もできた。

さらにこのフェリペ・ヴィゼウは既にデビュー済である点も有難い。今夏加入の新外国人選手に
ついては自身のコンディションはもちろん、入国に伴う隔離期間などもあり、いつからプレー可能
なのかが非常にわかりづらいが、この選手はそうした心配をしなくて済む選手。まだ注目度も
低いようであり、今節はこの選手をキャプにしてみたい。

最後に名前を挙げたいのが今節、フェリペ・ヴィゼウがいる横浜FCと対戦するC大阪の高木俊幸
FW登録でプレーする事もある高木は残念ながら左利きではないようだが、横浜FCとは好相性。
通算4試合で2得点だが、プレー時間はわずか113分なので、1試合で約1.6得点の計算になる。

今年はここまで1得点の高木だが、その1得点が第4節の横浜FC戦。途中出場から24fpという
高fpを記録しており、今節はフェリペ・ヴィゼウではなく、この高木が主役となる可能性も充分だ。


posted by sakasaka at 17:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月12日

2021年 ファンサカmini 第24節メンバー

まずは前節の振り返りから。


考察で名前を挙げた選手の得点はなかったが、2選手がゴールの好結果。まずは清水の西澤健太
起用の理由はもちろん相性で、以前から横浜Mに相性が良い事は取り上げていたが、今回の得点で
対横浜Mは6試合(325分)で4得点。90分得点率は「1.10」と1試合1得点を上回る数字となった。
今年の対横浜Mは前節で終了だが、まだ相性の良い対湘南(第25節)、対名古屋(第27節)が
残っており、狙ってみたい。

もう1人の得点者は湘南の大橋祐紀。この大橋を起用したのは「オリンピックネタ」からだった。
先日終了した東京オリンピックでは日本の総メダル数は「58」、金メダルも「27」で、いずれも
史上最多を記録したが、このうち金メダルを2つ取った選手が2名いた。

その選手は女子水泳の「大橋悠依」選手と男子体操の「橋本大輝」選手。この2選手に共通する
文字は何か? そう、「大」と「橋」で、これが大橋を起用した理由。ちなみに「大橋」姓の
J1選手はこの湘南の大橋のみだ。

「なんだ、そりゃ?」と思う方が大多数だと思うが、これが当ブログ流。しかも無得点だった
大橋が初得点を挙げたのだから世の中は面白い。もちろん全国で大橋を起用したのは当ブログ
のみで、まさに会心の起用。これからも人が思いつかないような起用を続けていきたい。

さて、中断明けはいいスタートが切れたが、まず、今節注目したいのが浦和の西大伍になる。
西は神戸でプレーしていた昨年の第24節で川崎相手に得点を記録している。ちなみに西の昨年
のゴールはこの1得点のみだった。

そして西はこれ以外にも第24節での実績がある。2019年の第24節にはアシストの記録があり、
この時の相手が今節の対戦相手である鳥栖。また、2018年の第24節でも磐田相手にアシストがある。
つまり2018年〜2020年の直近3年は1得点・2アシストで、毎年得点に絡んでいるという事になる。

さらに過去5年からは外れるが、2015年の第24節にも仙台戦での2アシストがあり、古くは札幌所属
の2008年の第24節のゴールもあるなど、この第24節と好相性ではあるのは間違いなさそうだ。
まずはこのベテランDFをメンバーに加えておきたい。

以下からは名前ネタ。今節は「名前に『豊』が入る選手」を狙いたい。先日、鳥栖から栃木へと
驚きの移籍となった豊田陽平は2016年と2017年の第24節に得点。過去5年からは外れるが、
2014年の第24節にもゴールがある。

豊田以外では2020年にC大阪の豊川雄太が得点。2019年は現在は松本でプレーする阪野豊史
のゴールがあり、過去5年では2018年を除く4年に該当するゴールがあった事になる。

では、今年は誰を起用すべきか? 実は「名前に『豊』が入る選手」は非常に少なく、現在、該当
する選手はJ1〜J3でわずか4人。そのうちの3人が上記の豊田陽平・豊川雄太・阪野豊史だ。

と、なると、今節起用するのは必然的に残りの1人、名古屋の吉田豊という事になる。31歳に
なった吉田だが、まだまだ元気一杯。ここまで第18節を除き、すべて先発出場を果たしている。
今節、試合が行われるのが「豊田スタジアム」であるのも面白く、今節は上記の西と吉田の
ベテランDFコンビに期待してみたい。

その吉田がいる名古屋と対戦するのが湘南だが、この湘南からも選手を起用してみたい。

前節は最下位の横浜FCに2失点を喫し、印象を悪くしたが、近年の名古屋は守備が堅いチーム
と表現していいだろう。木曜に横浜Mとの試合が行われるが、前節終了時点でここまでの
総失点「18」はリーグ3位の数字。ホームでの失点「9」もリーグ4位につけている。

今節の試合は名古屋のホームで行われるため、以下は名古屋のホームに話を絞るが、
2020年のホーム総失点は「12」で、これは圧倒的な強さで優勝した川崎の「15」を下回り、
リーグ最少失点だった。

2019年の名古屋は13位に終わり、年間総失点は「50」 これはリーグでは下から数えた方が
早く、決して褒められる数字ではなかったが、ホームでは18失点(17試合)とほぼ1試合1失点
レベルに抑えられていた。

当ブログが今回、注目したのは2020年の得点者。上記のとおりホームでの総失点は「12」だが、
浦和所属だったレオナルドが2得点を挙げているので、選手としては11名。うち5名はレオナルド
を含む外国籍選手だったので、2020年・名古屋のホームゲームで得点をした日本人選手は6名と
いう事になるが、実はこの中に三重県出身の選手が3名含まれていたのだ。

具体名を挙げると鹿島の和泉竜司、神戸の山口蛍、大分の坂圭佑の3名。現時点では三重県には
Jリーグチームは存在せず、三重県出身のJリーガーも毎年15名程度と、特に多い訳ではない
ようだが、なぜか昨年の名古屋・ホームではこの三重県出身の選手の得点が目立っていた。
なお、今年も第22節に川崎の旗手玲央が豊田スタジアムで該当するゴールを記録している。

と、いう事で、湘南から三重県出身の選手を2名起用する。まずはFWの町野修斗。町野は忍者で
有名な伊賀市の出身との事だ。昨年までは北九州でプレーしていたが、今年、J1に個人昇格。
ここまでの3得点・2アシストには及第点を与えていいだろう。まだ、21歳と若く、J1でのプレーに
慣れてきたこれからは得点量産も期待できそうな選手だ。

もう1人がDFの舘幸希。舘はF1グランプリなどが開催されるレース場が有名な鈴鹿市出身の
選手になる。舘は日本大学を卒業し、2020年から湘南でプレー、DFという事もあり、まだJ1
での得点はないが、ジンクス上はFWである町野より、この舘の方が期待度が大きい選手になる。

理由は昨年の得点者である坂圭佑の存在。今年は大分所属の坂だが、昨年までは湘南の
選手であり、舘と同じDFの選手だ。

さらに坂が湘南所属時に着けていた背番号「4」を受け継いだのが舘なのだ。しかも坂と舘は
高校サッカーで有名な四日市中央工業高校出身。坂が先輩で、舘が後輩にあたる形になる。

つまり、今年の舘は「湘南所属の背番号「4」のDF、三重県出身で四日市中央工業高校卒業」
であり、昨年の得点者である坂と同じような経歴を持つ選手なのだ。また、名古屋のホーム
ゲームではないが、2020年の第7節にもやはり四日市中央工業高校出身である広島の森島司
ゴールもあり、舘のJ初ゴールがあるなら今節だろう。

最後の起用は札幌−FC東京 から。ここはシンプルにFC東京のDFを狙ってみたい。

このカードはアウエーのFC東京側の得点者にはDFの選手が続いている。2020年の第6節は1-1
の引き分けだったが、FC東京の得点者はDFの室屋成だった。

2019年の第24節も1-1だったが、FC東京の得点者はやはりDFの渡辺剛。2018年の該当試合は
3-2で札幌が勝利したが、FC東京の1得点はDFのチャン・ヒョンスが記録している。

このチャン・ヒョンスはFC東京がホームであった2017年の第30節や2012年の第30節にも札幌戦
でゴールを記録。また、小川諒也も2019年の第12節でゴールを挙げるなど、札幌戦ではDFの選手
の活躍が目立っている。

今節の起用は実績から考えれば森重真人の一択だが、ここはベンチ外も覚悟で秋田から加入した
鈴木準弥と今、売り出し中のバングーナガンデ・佳史扶で勝負したい。いずれもまだ得点はないが、
上記の湘南の舘同様、出場があればうれしい結果が待っている事だろう。

posted by sakasaka at 18:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月07日

2021年 ファンサカmini 第23節メンバー



オリンピックの中断によりかなり間隔が開き、また、得点者もいなかったので、今回は前節の
振り返りは省略し、以下から考察に入りたい。

まずは定番の背番号ネタからで、今節は「25」の選手を狙いたい。2020年はC大阪の奥埜博亮
2得点。奥埜は2019年の第23節にも2得点を挙げており、当ブログは起用しないが、今年も得点者の
有力候補の1人となる。

さらに2020年には横浜FC(現山口)の草野侑己もゴール。2018年には鹿島の遠藤康と名古屋の
前田直輝がゴールを挙げている。

「25」の選手は複数いるが、2019年の奥埜を除く4試合のゴールはホームチームのゴールなので
今回もホームチームの選手から選びたい。出場の可能性なども加味しての起用が大分の小林成豪
ここまで17試合に出場、中断前の前節は町田也真人の決勝ゴールをアシストするなど、主力の一角
を担っている。

今節の相手は首位の川崎だが、2018年の小林はJ2ではあるが12得点を記録しており、この年は
川崎に対しても天皇杯でのゴールがある。開幕以来無敗の川崎だが、6月に田中碧が移籍し、
勝負強い小林悠は先日のACLで負傷。さらに主力の三苫薫や旗手玲央はオリンピックの激闘直後
で、今節は前半の快進撃を支えてきた複数の選手が不在となりそうだ。控えも充実している川崎だが、
大分の勝機も十分に思え、今節は小林のゴールでサプライズが引き起こされる事を期待したい。

また、「32」の選手も狙ってみる。2020年はC大阪の豊川雄太が2得点。2019年は仙台の赤崎秀平
と磐田の中山仁斗が該当者だ。さらに2017年は鳥栖のビクトル・イバルボも2得点。過去5年の範囲
からは外れるが、2014年には当時名古屋の川又賢碁もゴールを記録している。

そして不思議な事に2020年の豊川、2019年の赤崎、中山という直近の得点者3人は全員が途中出場
からゴールを記録
している。よって今節の狙いは「途中出場が見込める『32』の選手」となり、
ここからの起用は仙台の氣田亮真となる。ここまで20試合に出場し、うち先発が15試合の氣田だが、
最近の2試合は途中出場となっており、過去の得点者の傾向にマッチしている。

さらにこの氣田が所属する仙台には今節、有力な2人の選手がいる。1人目は蜂須賀孝治。以前にも
取り上げたが、DFながら対C大阪はここまで8試合(434分)で3得点の記録があり、もちろん自身が
最も相性の良い相手。前回の対戦となる第17節でもアシストを記録している。

もう1人はFWの西村拓真。通算8試合(474分)で4得点は対湘南に次いで良い数字になる。試合と
しては2018年以来C大阪が8戦無敗を続けており、有利に思えるが、氣田、蜂須賀、西村のいずれか
はゴールを決めてくれる事だろう。

最後にもう1人、名前を挙げたいのが鹿島の松村優太(まつむら・ゆうた)になる。

この松村を起用した理由はいくつかあるが、まずは第23節に「ゆうた」の得点が続いている点。
2020年は上で名前を挙げた豊川雄太が2得点を挙げた事に加え、柏の神谷優太も得点。
2018年には神戸の郷家友太も得点を記録している。

そして松村が全国高等学校サッカー選手権大会、いわゆる「冬の高校サッカー」の優勝経験者
である(2019年度・静岡学園高校)という事も理由になる。ここ2年は該当者が出ておらず、
やや信頼度は下がっているが、以前はこの第23節の得点者に該当者が続出していた。

例えば2017年の第23節に得点をした広島の柴崎晃誠は長崎県の国見高校出身で、2003年度の
大会などで優勝を経験している。また、松村と同じ鹿島所属の和泉竜司も2018年の第23節に
ゴールの記録があるが、千葉の市立船橋高校で2011年度に優勝経験がある。

また、古い記録では2007年度の優勝メンバーの大前元気(現群馬)が2015年の第23節にゴール。
FC東京などでプレーし、現在も大会の通算最多得点記録(17得点)を所持する平山相太氏は
2002年・2004年に優勝を経験しているが、この平山氏も2013年の第23節に得点を挙げている。
(※ 平山氏は2014年から引退した2017年まで第23節の出場記録はなく、得点は不可)

そして、最後の理由がリーグ中断期間中にこの「優勝経験者」の移籍などのニュースが
相次いだ事
だ。該当例の1つが広島から清水に移籍した井林章。井林は広島皆実高校3年時に
2008年度の大会で優勝を経験をした選手だ。

また、筑波大学の角田涼太朗の横浜M加入が7月7日に発表された。以前から特別指定選手で
あり、来年からの加入は内定していたが、7月1日付でプロ契約を交わした事が明らかになった。
この角田も前橋育英高校で優勝を経験している。さらに札幌の檀崎竜孔が豪州のチームから
復帰する事が発表されたが、檀崎も2018年度の優勝メンバー(青森山田高校)の1人だ。

そして、今回、当ブログが松村の起用を決心した移籍がある。それが浦和の武田英寿の移籍。
7月28日にFC琉球に育成型期限付き移籍で加入する事が発表されたが、武田は青森山田高校の
出身で上記の檀崎の後輩にあたる選手。優勝は檀崎と同じ2018年度の大会で経験している。

松村が優勝したのはその次の大会になる2019年度だが、不思議な事に決勝の相手が武田が
いた青森山田高校だったのだ。当時の2人は優勝を争ってプレーしたが、試合では2人とも
「MFで背番号が10」であり、また、大会後、優秀選手として選出された事も共通している。
(※ 檀崎は既に卒業しており、この試合ではプレーしていない)

当ブログはこれら優勝経験者の移籍・加入のニュース、特に松村が優勝を飾った試合で同時に
ピッチに立っていた武田の移籍を「ジンクスの神様からの強力なサイン」と考えた。今年の松村は
途中出場が多いながらも、ここまで18試合に出場。ベンチ外となったのは第9節の1回だけで、
今節も悪くてもメンバーには入るはず。人気もあまり上がらないはずで、今節はこの松村をキャプ
に据え、再開後のスタートダッシュを狙いたい。


posted by sakasaka at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする