2021年08月07日

2021年 ファンサカmini 第23節メンバー



オリンピックの中断によりかなり間隔が開き、また、得点者もいなかったので、今回は前節の
振り返りは省略し、以下から考察に入りたい。

まずは定番の背番号ネタからで、今節は「25」の選手を狙いたい。2020年はC大阪の奥埜博亮
2得点。奥埜は2019年の第23節にも2得点を挙げており、当ブログは起用しないが、今年も得点者の
有力候補の1人となる。

さらに2020年には横浜FC(現山口)の草野侑己もゴール。2018年には鹿島の遠藤康と名古屋の
前田直輝がゴールを挙げている。

「25」の選手は複数いるが、2019年の奥埜を除く4試合のゴールはホームチームのゴールなので
今回もホームチームの選手から選びたい。出場の可能性なども加味しての起用が大分の小林成豪
ここまで17試合に出場、中断前の前節は町田也真人の決勝ゴールをアシストするなど、主力の一角
を担っている。

今節の相手は首位の川崎だが、2018年の小林はJ2ではあるが12得点を記録しており、この年は
川崎に対しても天皇杯でのゴールがある。開幕以来無敗の川崎だが、6月に田中碧が移籍し、
勝負強い小林悠は先日のACLで負傷。さらに主力の三苫薫や旗手玲央はオリンピックの激闘直後
で、今節は前半の快進撃を支えてきた複数の選手が不在となりそうだ。控えも充実している川崎だが、
大分の勝機も十分に思え、今節は小林のゴールでサプライズが引き起こされる事を期待したい。

また、「32」の選手も狙ってみる。2020年はC大阪の豊川雄太が2得点。2019年は仙台の赤崎秀平
と磐田の中山仁斗が該当者だ。さらに2017年は鳥栖のビクトル・イバルボも2得点。過去5年の範囲
からは外れるが、2014年には当時名古屋の川又賢碁もゴールを記録している。

そして不思議な事に2020年の豊川、2019年の赤崎、中山という直近の得点者3人は全員が途中出場
からゴールを記録
している。よって今節の狙いは「途中出場が見込める『32』の選手」となり、
ここからの起用は仙台の氣田亮真となる。ここまで20試合に出場し、うち先発が15試合の氣田だが、
最近の2試合は途中出場となっており、過去の得点者の傾向にマッチしている。

さらにこの氣田が所属する仙台には今節、有力な2人の選手がいる。1人目は蜂須賀孝治。以前にも
取り上げたが、DFながら対C大阪はここまで8試合(434分)で3得点の記録があり、もちろん自身が
最も相性の良い相手。前回の対戦となる第17節でもアシストを記録している。

もう1人はFWの西村拓真。通算8試合(474分)で4得点は対湘南に次いで良い数字になる。試合と
しては2018年以来C大阪が8戦無敗を続けており、有利に思えるが、氣田、蜂須賀、西村のいずれか
はゴールを決めてくれる事だろう。

最後にもう1人、名前を挙げたいのが鹿島の松村優太(まつむら・ゆうた)になる。

この松村を起用した理由はいくつかあるが、まずは第23節に「ゆうた」の得点が続いている点。
2020年は上で名前を挙げた豊川雄太が2得点を挙げた事に加え、柏の神谷優太も得点。
2018年には神戸の郷家友太も得点を記録している。

そして松村が全国高等学校サッカー選手権大会、いわゆる「冬の高校サッカー」の優勝経験者
である(2019年度・静岡学園高校)という事も理由になる。ここ2年は該当者が出ておらず、
やや信頼度は下がっているが、以前はこの第23節の得点者に該当者が続出していた。

例えば2017年の第23節に得点をした広島の柴崎晃誠は長崎県の国見高校出身で、2003年度の
大会などで優勝を経験している。また、松村と同じ鹿島所属の和泉竜司も2018年の第23節に
ゴールの記録があるが、千葉の市立船橋高校で2011年度に優勝経験がある。

また、古い記録では2007年度の優勝メンバーの大前元気(現群馬)が2015年の第23節にゴール。
FC東京などでプレーし、現在も大会の通算最多得点記録(17得点)を所持する平山相太氏は
2002年・2004年に優勝を経験しているが、この平山氏も2013年の第23節に得点を挙げている。
(※ 平山氏は2014年から引退した2017年まで第23節の出場記録はなく、得点は不可)

そして、最後の理由がリーグ中断期間中にこの「優勝経験者」の移籍などのニュースが
相次いだ事
だ。該当例の1つが広島から清水に移籍した井林章。井林は広島皆実高校3年時に
2008年度の大会で優勝を経験をした選手だ。

また、筑波大学の角田涼太朗の横浜M加入が7月7日に発表された。以前から特別指定選手で
あり、来年からの加入は内定していたが、7月1日付でプロ契約を交わした事が明らかになった。
この角田も前橋育英高校で優勝を経験している。さらに札幌の檀崎竜孔が豪州のチームから
復帰する事が発表されたが、檀崎も2018年度の優勝メンバー(青森山田高校)の1人だ。

そして、今回、当ブログが松村の起用を決心した移籍がある。それが浦和の武田英寿の移籍。
7月28日にFC琉球に育成型期限付き移籍で加入する事が発表されたが、武田は青森山田高校の
出身で上記の檀崎の後輩にあたる選手。優勝は檀崎と同じ2018年度の大会で経験している。

松村が優勝したのはその次の大会になる2019年度だが、不思議な事に決勝の相手が武田が
いた青森山田高校だったのだ。当時の2人は優勝を争ってプレーしたが、試合では2人とも
「MFで背番号が10」であり、また、大会後、優秀選手として選出された事も共通している。
(※ 檀崎は既に卒業しており、この試合ではプレーしていない)

当ブログはこれら優勝経験者の移籍・加入のニュース、特に松村が優勝を飾った試合で同時に
ピッチに立っていた武田の移籍を「ジンクスの神様からの強力なサイン」と考えた。今年の松村は
途中出場が多いながらも、ここまで18試合に出場。ベンチ外となったのは第9節の1回だけで、
今節も悪くてもメンバーには入るはず。人気もあまり上がらないはずで、今節はこの松村をキャプ
に据え、再開後のスタートダッシュを狙いたい。


posted by sakasaka at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月10日

2020年 ファンサカmini 第22節メンバー

いつものように前節の振り返りから。


うっとうしい雨天続きの最近だが、当ブログも似た感じ。考察で名前を挙げた複数の選手が
ベンチ外となったのに加え、プレーしたイニエスタや神谷優太が負傷で早々に交代するなどで、
結果を出す事ができなかった。

さて、今回、相性面から起用したいのがFC東京の三田啓貴。今節は湘南との対戦になるが、
ここまで12試合(743分)で3得点。90分得点率「0.36」はMFである事を考えば悪い数字ではなく、
しかもこのうち2得点が今節と同じアウエーゲームで記録されたものだ。

さらに詳細は省くが、近年の湘南のホームゲームでは三田の他にも宇佐美貴史関根貴大
現在J2以下でプレーする選手では河野広貴福村貴幸といった名前に「貴」が入った選手の得点
が続いている
。第11節以降は1試合最長のプレーは56分と、出場時間が限定される傾向にあるが、
それでも第14節ではわずか4分で得点し、22fpを記録している。今節も短い時間で大きな結果を
出してくれそうだ。

以下からは「元大宮」の選手を狙いたい。2020年は名古屋のマテウス(大宮・2014年〜2018年)
2019年は該当がなかったが、2018年は柏の瀬川祐輔(2017年)、2017年は川崎の家長昭博
(2014年〜2016年)、2016年にも当時は鳥栖の富山貴光(2013年〜2015年)、2015年には仙台の
金久保順(2010年〜2014年)がそれぞれ第22節にゴールを挙げている。

と、言う事で、この条件から選手を起用したいと思うが、元大宮のJ1選手は数が多い。例えば湘南
の石原直樹、浦和の青木拓矢や横浜Mの和田拓也などがおり、全員は起用不可。起用メンバーを
絞りこむには何か条件が必要になる。

ここで過去の該当者として名前を挙げた選手の在籍期間に注目していただきたい。マテウス以外の
4人は大宮から得点時のチームに加入した年にゴールを決めているのだ。すなわち今節、狙うべき
元大宮の選手は「今年、大宮から新チームに移籍した選手」
という事になる。なお、唯一の例外で
あるマテウスは2019年の第22節には出場しておらず、2020年の第22節がこの条件に該当する
初めての試合だった。

今年、この条件に該当するのは2名。札幌の青木亮太と柏のイッペイ・シノヅカになる。25歳と
26歳と同年代の2人だが、ここまで共に12試合出場と、新天地でレギュラー争いの一角に加わって
いる点も似通っており、今節は2人同時の得点を期待したい。

その他、徳島−清水から清水の指宿洋史を起用してみる。

ホームとなる徳島は2020年のJ2優勝チーム。総失点「33」は同じ昇格組の福岡に次ぐ2位の数字
であり、ホームの失点「11」はリーグ最少の数字を誇ったが、大竹洋平(長崎)、前嶋洋太(水戸)
伊藤洋輝(磐田)と、なぜか名前に「洋」が付く3選手に失点を喫している。

さらにこの指宿自身も千葉所属時の2018年の第4節(徳島ホーム)でゴールを記録。2017年には
千葉のホームゲームでも得点を挙げており、ここまで4試合(126分)のプレーで2得点と好相性。
今年の初戦であった第7節の対戦ではベンチ外となっていたが、直近の試合は短いながらも
プレー時間が与えられつつあり、今節はゴールのチャンスが到来していると判断した。

最後に 仙台−札幌 から上記の青木亮太の他にもう1人起用してみたい。

ここから起用するのは札幌のFWである小柏剛。昨年は明治大学に在籍しながら特別指定選手
としてプレーしていたが、今年、入団となった選手だ。

そして近年の仙台のホームゲームではこの小柏のように「特別指定選手などでプレーしていた
チームにその年に入団した選手の得点」
が複数回発生しているのだ。

まず、2020年の第5節では同じ札幌の選手である田中駿汰に該当する得点がある。田中は
大阪体育大学に在学中であった2019年7月に札幌の特別指定選手として認定され、2020年に
入団している。つまり、今年の小柏はこの田中と同じ経緯を辿って札幌でプレーしていると
いう訳だ。なお、田中はこの第5節の得点がJ初ゴールだった。

さらに第14節に得点をしたG大阪の山本悠樹も該当者の1人。山本は2019年の9月にG大阪の
特別指定選手として認定されている。翌2020年に入団した山本だが、不思議な事に上記の
田中同様、この第14節の得点が自身のJ初得点なのだ。

特別指定選手と似たものとして「2種登録」という制度があるが、これにも該当ゴールがある。
2020年の第11節で2得点を挙げた鳥栖の本田風智がその例で、本田は2019年に2種登録を
されており、2020年にトップに昇格した選手だった。驚く事に本田もこの仙台戦の2得点が
J初ゴールなのだ。

さらに2018年の第29節では現在は海外でプレーする橋岡大樹(当時浦和)が仙台のホームで
ゴールを挙げている。橋岡も2017年に浦和の2種登録を受けた選手だが、信じられない事に
橋岡もこの仙台戦のゴールがJ初ゴールなのだ。

では、今節の小柏はどうか? 記録を確認すると既に2得点を挙げており、今節、得点を挙げたと
しても田中たち4人のように「J初ゴール」にはならない。ただ、今年の第11節に挙げたJ初ゴール
はやはり仙台戦だったのだ。

ちなみにこの小柏は群馬県出身だが、大宮ユースに所属歴がある。この点も今節の「元大宮」の
狙いに通じる点があって面白い。

上記のように今節、得点を挙げてもJ初ゴールではない点は残念だが、過去の該当者4名が
「仙台のホームゲームで得点を挙げた」という事実は変わりなく、今節、小柏が同じ状況の試合
に臨む事も間違いない。で、あれば今節は対仙台の2得点目以降が記録されるという事だろう。
今節はこの小柏をキャプとして、中断前をいい形で締めくくりたい。


posted by sakasaka at 10:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月03日

2021年 ファンサカmini 第21節メンバー

いつものようにまずは前節の振り返りから。


前節は得点者なし。キャプにした福岡の石津大介や柏の呉屋大翔など、考察で名前を挙げた選手
のベンチ外が相次ぎ「試合前に終わっていた」印象だった。

さて、以下からが考察。まず、狙ってみたいのが神戸のイニエスタ。自分で点を取るより、
周囲に点を取らせるタイプの選手だが、2018年以来、3年連続で得点中と、なぜかこの第21節
には相性が良いようだ。今年は故障で出遅れたが、第18節の福岡戦で得点、第19節の横浜FC戦
ではアシストと調子を挙げているようで、今節も4年連続となる得点が期待できそうだ。

そのイニエスタが所属する神戸と対戦するのは湘南になるが、湘南からはまず、MFの梅崎司
起用してみたい。

梅崎の対神戸戦はここまで1207分のプレーで6得点。自身が最も得点を挙げている対戦相手で、
しかもこの6得点中、4得点が神戸のホームゲームで記録されている。

今節、梅崎のプレー機会があるとしたら途中出場からになるだろうが、2020年、唯一の得点である
ルヴァン杯・予選のゴールや、2019年の第25節や第9節など、自身の直近の得点は途中出場から
記録されており、ベンチスタートはむしろ望むところ。出番があれば勝負強いベテランのひと仕事
を見る事ができそうだ。

湘南からはもう1人、DFの畑大雅を推してみたい。起用の根拠は第12節で取り上げた神戸の
スタジアムジンクス、「1文字苗字の選手」に該当するという点になる。

改めてこのジンクスの該当者を挙げていくと2020年の第18節では鳥栖の林大地が得点。2019年には
第7節の広島の柏好文渡大生(2得点)が該当する得点者だ。さらに2018年にも第17節で当時湘南
坂圭祐、第28節でも当時鹿島の西大伍が得点を挙げている。

今、5人の該当者の名前を挙げたが、お気づきになった方はいるだろうか? 畑大雅(はた・たいが)
という名前は「1文字苗字+名前が『大』から始まる」という点が、林大地・渡大生・西大伍 という
過去の該当者3名と一致しているのだ。

さらにこの選手が千葉県の市立船橋高校出身である点も材料の1つになる。サッカーはもちろん、
野球やバスケットでも全国トップレベルの高校だが、同高出身の和泉竜司は2020年の第33節、
2019年の第17節と神戸のホームゲームは2年連続得点。(今年の該当試合だった第11節は不出場)
また、現大宮の馬渡和彰も川崎所属時の2019年の第9節にノエビアスタジアム神戸で得点を挙げて
いる。

神戸のホーム以外でも2019年の第19節で鹿島の杉岡大暉、今年の第16節でも柏の椎橋彗也
ゴールを記録しており、近年の神戸戦は同高出身選手の得点が続いている。今節はこうした先輩達
に続く形で畑のJリーグ初ゴールが飛び出しそうだ。

最後は第21節の定番ネタ「中東でプレーした経験がある外国籍選手」を取り上げる。なお「中東」に
該当する国はwikiの「伝統的中東」の項目に名称がある国としているので、興味があればご確認
いただきたい。

最近取り上げた「ポルトガルでプレー経験がある選手」「元甲府の選手」といったジンクスは5年以上
連続して該当者が出ている強力なジンクスだが、この「中東でプレーした経験がある外国籍選手」も
これらに引けを取らない有力なジンクスだ。

2020年の第21節は清水に所属していたジュニオール・ドゥトラがゴールを記録している。ブラジル
国籍の選手だが、2015年〜2016年はカタール、2019年はUAEでプレーした経験があった。

2019年はFC東京のディエゴ・オリベイラがこの条件を満たす得点者。2009年にカタールのチームで
プレーをした経歴がある。なお、2018年の第21節にも得点を記録している。

さらに2018年は現神戸のドウグラスも該当者となる。2018年はシーズン途中から清水に加入した
ドウグラスだが、清水に移籍する前の2016年〜2018年はUAEのアル・アインに所属していた。

2017年の得点者では新潟でプレーしていたカウエがイスラエルのチームでプレーした経験があった。
2016年は2015年まで東京Vに所属していたレアンドロが該当。2009年〜2014年にかけてカタール
のチームに在籍しており、2016年〜2020年の過去5年は毎年、該当者のゴールが記録されている。

では、今年は誰を起用すべきか? 該当者は複数いる。例えば過去の得点者であるドウグラスが
今節、起用可能な選手となる。また、仙台のシマオ・マテも該当者の1人だ。

が、起用にあたって、大きなヒントがあった。それは昨年の状況だ。まず、上で取り上げたように
2020年の得点者であるジュニオール・ドゥトラは2019年はUAEのチームに所属していた経験を
持っていた。

そして、他にもUAEのチームに所属していた経験を持っていた選手がいた。それがFC東京の
ジョアン・オマリ。レバノン出身である同選手もトルコやUAEのチームプレーした経験を持つが、
実はこの「UAEのチーム」が「アル・ナスルSC」で一致していたのだ。

なお、「アル・ナスルSC」だが、同じ中東のサウジアラビアにも「アル・ナスル」というチームが
あり、ジュニオール・ドゥトラの経歴を紹介する際に両チームを混同しているケースが多いようだ。
昨年まで所属していた清水でさえ混同しており、在籍時は「サウジアラビアのアル・ナスル」と
なっているが、契約満了時にはこれが「UAEのアル・ナスル」となっている。言うまでもないが、
サウジアラビア(首都・リヤド)とUAE(アラブ首長国連邦、首都・アブダビ)は全く別の国家で、
どちらかの記載が誤りという事になる。

サッカー関連の記事やサイトでも同様の例があり、この記事では「サウジアラビア」となっているが、
こちらのサイトでは「UAE」となっている。また、wikiでは「サウジアラビア」になっているが、
研究室さんのデータでは「UAE」となっている。

こうした場合、当ブログが最終的に根拠とするのはJリーグの公式サイトだが、既に日本でプレー
していないジュニオール・ドゥトラの詳しい経歴は掲載されておらず、確認する事はできなかった。
正直、当ブログにはどちらが正しいのかわからないが、当ブログはファンサカminiに関するものと
いう事もあり、研究室さんのデータも採用している「UAEのアル・ナスルSCに所属していた」という
前提で考察をしているので、この点はご了承いただきたい。

さて、話を整理すると昨年は「ジュニオール・ドゥトラとジョアン・オマリという同じ中東のチーム
に所属していた経験を持つ2人の候補者」がおり、そのうちの1人であるジュニオール・ドゥトラが
得点をした事になる。

そして、今年も昨年同様「同じ中東のチームに在籍していた2人」が存在するのだ。それが徳島の
クリスティアン・バトッキオと鳥栖のオフォエドゥ。共にイスラエルのマッカビ・テルアビブFCと
いうチームでプレーした経験を持っている。

特に2018年〜2019年は在籍が重なっており、おそらく2人は旧知の間柄だろう。また、今年から日本で
プレーしているが、こうした経緯も昨年と酷似している。ジョアン・オマリとジュニオール・ドゥトラ
は2019年はアル・ナスルSCに同時に所属しており、そして日本にやって来たのも2019年7月で一致
していたのだ。

よって、このジンクスからの起用は徳島のクリスティアン・バトッキオと鳥栖のオフォエドゥの2人
に絞って勝負する。キャプは出場が見込めるクリスティアン・バトッキオ。チームにとっても自身に
とっても待望のJ初ゴールを決めてくれるはずだ。


posted by sakasaka at 10:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする