2025年12月31日

当ブログについて

当ブログは過去の試合結果、得点歴などから独自の視点・解釈で「ジンクス・相性」を導き出し、
これを基にファンサカminiの起用選手を決定し、高fpを狙うというのを主な趣旨としています。

当ブログが相性・ジンクスなどの検証・判断に用いているデータ(得点記録など)は特に断りの
ない限りは過去5年間(2016年〜2020年)のものになります。

検証の対象としている試合は「リーグ戦」「Jリーグ杯(ルヴァンカップ)」「天皇杯」ですが、
特に「リーグ戦」の記録を重視します。また、2015年・2016年に行われた「J1チャンピオンシップ」
2018年から行われている「J1参入プレーオフ」も対象に含みます。

2015年と2016年のリーグ戦は2シーズン制で行われましたが、「節」の表現については
年間ベースに変換します。例えば「2015年・2nd・第13節」の試合は「2015年・第30節」と
して扱います。

選手名などのパーソナルデータは「Jリーグ・jp」に掲載されている「選手名鑑」を参考に
しています。

ただし、ポジションについては登録ポジションではなく、該当試合のJリーグの公式記録に
記載されたポジションに準じます。

例えば2017年の奥埜博亮選手は仙台に所属し、MFとして登録されていましたが、
2017年・第2節・磐田戦ではFWとして出場し、得点を挙げています。当ブログはこの得点を
「FWの選手の得点」として扱います。

記事の内容には注意を払っておりますが、時として誤りを含む場合があり得ます。これにより
生じたいかなる損害・不都合等に関しても、当ブログは責任を負いかねます。

記事内における選手や記録などに対する評価や感想、判断などはファンサカminiにおける
選手起用を目的とした個人としての解釈です。この解釈に対して意見等をいただいても
返信いたしません。


posted by sakasaka at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 未選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

2017年 更新再開

皆様、あけましておめでとうございます。今年も研究所さんにおいて2月20日(月)の
22時頃からファンサカminiを開催するとの告知がされたので当ブログも久しぶりに
更新させていただいた。

更新再開にあたって説明や告知の類を少々。まず昨年は「2ndステージ・第14節」の
時点で更新が終了しているが、これは当時の管理人の体調不良(肺炎)によるもの。
このようなアクシデントがなければ今年ももちろん毎節更新をする予定だ。

さて、今年の当ブログだが、より一層ジンクスや相性(以下:ジンクス)といったもの
に特化していきたい
と考えている。

開設以来、当ブログは「人気薄選手で高fpを獲得する」という点に重点を置いてきた。
この条件下での最大の目標は「日本中で当ブログしかキャプテンとして起用していない
選手がその節のファンサカminiで最高fpを獲得する」というものだったが、この目標を
昨年の13節で達成(G大阪・長沢)することができた。

さらに昨年は新しい試みとして「スタジアムジンクス」を導入。手探り状態で始めてみたが、
これが意外にも手応えがあり、第2節の太田(磐田)、第7節の三田(仙台)などの
得点者を的中させたうえ、前述の長沢もこのスタジアムジンクスから導き出した選手という
想定以上の結果を残す事ができた。そこで今年はさらにこの「ジンクス」に注力して
いきたいと考えた次第だ。

この方針変更に伴って「人気100位以下からの選手起用」「15fp以上を獲得した選手が
いれば成功」といったこれまでの基準は撤廃。「ジンクスからいかに多くの得点者を
的中させることができるか?」
といった点を重視していきたいと思う。

この目標達成のためのツールの1つとしてスタジアムジンクスはもちろん今年も採用する。
昨年とネタが被る面は出てくるだろうが、反面、J2から札幌・清水・C大阪が昇格しており、
この3チームから新しいジンクスを導き出す事ができるはずだ。

既存のジンクスについても今年も多くの選手が移籍をしており、これまで該当しなかった
選手が所属チームが変わった事により新たな該当者となっている可能性がある。この点に
ついてはまだ確認を行っていないが当てはまる選手がいればピックアップしていきたいと
考えている。

その他、その時に話題となった事柄や人物との共通点から選手を起用する「サイン読み」や
当ブログオリジナルのネタ編成もこれまで同様行う予定だ。編成の方針上、安定したfpを
取るのは難しいが、今年も楽しんで更新を行いたいと考えている。

posted by sakasaka at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 未選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

ファンサカ 2ndステージ・第14節 メンバー

今節は更新に割ける時間が極めて少なかったため、当ブログとしては短めの内容とさせていただいた。

今節は名古屋−福岡を取り上げる。この試合は当ブログで言う「裏天王山」に該当する試合になるが、
今年の傾向から見るとこの試合は大方の予想に反して福岡の勝利になるはずだ。

福岡勝利の根拠など、詳細は少し前の回を参照していただきたいが、今年の裏天王山は「新潟に
所属歴がある選手」
がキーマンなので、まずは三門が狙いの選手になる。湘南戦でも起用したが、
その時は同じく新潟に所属歴がある平井が得点をしており、今度はこの三門の番だろう。

もう1人はサイン読みも絡めた起用になる。サッカーと並ぶプロスポーツであるプロ野球は一足早く
レギュラーシーズjンの終了を迎えており、これに伴い各チームから引退選手のニュースを見かける時期
になってきた。引退の花道は人ぞれぞれだが、今週、大きく報道されたものに横浜DeNAベイスターズに
所属している三浦大輔投手の引退試合があった


横浜ひと筋25年、ハマの番長と呼ばれた三浦投手は引退試合として29日の本拠地最終戦に登板。
10失点を喫して負け投手になったが、打たれても懸命に投げ続ける最後の雄姿に涙を流したファンは
多かったという事だ。と、ここで、当ブログは福岡に三浦投手と共通点が多い選手がいる事に気づいた。
該当者はお分かりだろう。そう、FWの坂田だ。

坂田の下の名前は大輔で、三浦投手と同名。また、坂田の出身地は横浜市で、所属チームも三浦投手の
ように横浜ひと筋という訳ではないが、2001〜2010年という長きに渡り横浜に在籍していた。

さらに駒野が移籍してきた現在は違っているが、移籍前までは最年長者としてチームの精神的支柱と
なっていた面なども三浦投手との共通点として挙げていいだろう。さらにその所属しているチームが
お世辞にも強豪チームとは言えない点も一緒だ。

今節の坂田が三浦投手のように先発する可能性は低そうだが、残留のために勝利が必須であるため
FWである坂田に出番が回ってくる確率は極めて高い。三浦投手は力の衰えを自覚し、引退を決意した
ようだが、坂田はまだまだ現役。対名古屋はこれまで4得点(929分プレー)とかなりの好相性。
このうち3得点が今節同様、アウエーでの得点となっている。

さらに面白いのが「今年の福岡の選手の点の取り方」。福岡で2得点以上挙げている選手は現在坂田を
含めて5人いるが、なぜか坂田以外は「連続得点」が記録されているのだ。以下が坂田以外の連続得点の
記録になる。


坂田は前節の神戸戦で得点を挙げており、この流れからいけば当然、今節も得点を挙げる事になる
状況次第では今節での降格が決まってしまう福岡だが、坂田の活躍でひとまず降格が阻止される事を
期待したい。       



posted by sakasaka at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 未選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする